姿勢矯正ギプス

a0028049_114315.jpg新聞のテレビ欄を開いたとたん、目を奪われたこの見出し「二の腕を細くする方法」! もうメモを片手に見ましたよ。

二の腕が太くなるのは、肩まわりに柔軟性がないこと、そして背骨より肩がずっと前に出ている、要するに、姿勢が悪いことに大きな原因があるそうです。姿勢が悪いと、肩甲骨は常にゆるんだ状態。ぜい肉は、ゆるんだ筋肉のまわりが大好き。好かれてる〜!

そこで取り出したるは、一本のたすき。たすきがけをすることで、両肩甲骨は常に引き寄せられ、肩も背骨と同じ平面におさまります。すると筋肉も鍛えられていくというわけ。ドラマの中で、お産婆さんがはりきるときにするイメージがあるくらいで、いまたすき姿を見ることはなかなかありませんが、体も気持ちも引き締める、すばらしい日本文化だったんだ!と驚きました。とりあえず家にあったゴムチューブで代用、きのうから早速やっています。これはいいぞ! 首筋もしゃんと伸びて、なんだかすてきな人になった気分。

むかし子どもの姿勢矯正のためには、定規を背筋に差し込むと言ったものですが、たすき、オススメです。うちにあるハギレを使って、自分で作ってみようっと。
[PR]
by les-copain | 2004-06-26 11:42 | ■ケータイ写真館


<< お楽しみ 夏 >>