コパンコンサートレポート・東京純福音教会

クリスマスから、きのうに延期になっていたコンサートが、無事終了しました。お祈り、ありがとうございました! 土曜日の夜、セッティングに行って気がついたのは、わたしが半年ごとに定期検診に行く病院の近くで、いつも歩いて前を通っていたところだったということ。空いていたビルを買い上げて改築したという、新しくて大きな教会。住所は歌舞伎町。イ〜ネ!!

韓国系の教会で、朝から夕方までびっしり礼拝があります。コパンは、2ばんめの午前礼拝の献金の時間に1曲、そして午後4時20分からの青年礼拝の中で40分のコンサートをしました。すみやかなセッティング(午前は1分!)が必要でしたが、スタッフのみなさんのおかげで、万事うまくいきました。神さまを礼拝し、賛美する人々を、神さまが助けてくださらないわけがありましょうか!!

a0028049_10472819.jpgふたりの青年が、「それじゃあ、みんなでコパンを呼ぼう! C!(しー!)O!(おー!)P!(ぴー!)A!(えー!)N!(えぬ!)、コパ〜ン!!」と呼び入れてくれたので、リングにかけあがるファイターよろしく登場。せっかく盛り上げてもらいましたが、またすぐに盛り下げました。事前にプログラムと歌詞をお渡ししてあったので、会場のあちこちにあるスクリーンに、ステージのわたしたちと、韓国語・日本語両方の字幕が映し出されました。だから、初めての曲なのに、一緒に歌ってくれている人たちがたくさんいましたよ。「小さいひつじ」を歌ったら、コンサートのあと、ひつじの写真を撮らせてくださいと、ひとりの女の子が来てくれました。モテモテ。


a0028049_1048736.jpg文化なのだと思いますが、みなさんが、「食事はどうされましたか? おなか空いていませんか?」と声をかけてくださいます。建物に近づいたときから、おいしいキムチのにおいがしていたので、つい、コンサートの前にお食事をいただいてしまいました。ごはんとおかずとキムチをしっかりいただいて、かなりおなかいっぱいになったにもかかわらず、コンサートのあとは、いつも青年礼拝のみなさんのために教会から用意される夕飯にもお呼ばれ。わたしのいつもの茶碗なら2杯分くらいのごはんに、チゲ、各種野菜のナムル、サンチュ、焼き魚など、た〜くさんいただいたのに、寝るころにはすでにおなかもすっきり、今朝のトイレもすっきり。やっぱり、基本はおこめ。そして野菜たっぷりのおかずだなあと思いました。どれもこれも、おいしかった〜!


a0028049_1048317.jpg青年会主催だったので、リーダーのみなさんが、最初から最後までお世話してくださいました。しもべの姿勢に、我が身を振り返って、教えられることがたくさんありました。みんなから「コニシ〜!」と呼ばれていた、にこにこ、と〜っても腰の低い小西くん。彼は某有名大学の大学院で物理学を専攻する学生さんです。イエスさまの栄光を世界にお伝えするために、ノーベル賞をめざしなさいよ! と、先生からにこやかに激励されていました。ほかのみなさんとも撮った写真、ちゃんと保存できていなかったようです。残念! 
[PR]
by les-copain | 2006-02-13 10:48 | ■ケータイ写真館


<< お披露目 きょうは祝日 >>