着せかえ人形

a0028049_10395224.jpgいまでも月に一度、フランス語教室のついでに前の家の近くの郵便局に行きます。郵便局を出てから、黒い子猫が一匹、わたしの足元にまとわりつきながら、ずっとついてきました。車の往来の激しい道路も横切って、なかなか離れようとしないので心配になりましたが、わたしがその子のおうちの方向へ歩いていたようです。途中から来なくなったので、ひと安心。わたしたちの宝物だった「つぶ」や、近所のしげちゃんちの「キャリー」ちゃんに、体つきや性格が似てました。


つい最近みどりさんが、わたしたちの前の家を見に行ってみたそうです。そしたら、ブルドーザーがいて、家も木もすっかりなくなってましたと。わたしたちのあとにだれか入るだろうとは思っていなかったけど、あの味のある家のない袋小路はやっぱりさびしい。バイバイ、びわの木。つくしの草むら。


a0028049_10402446.jpgきのうの作品「着せかえ人形」。子どもと遊んでると、こっちが夢中になっちゃう。わたしも、かえ&しゅうも、そろそろおうちへ帰ります。
[PR]
by les-copain | 2006-01-27 10:42 | ■ケータイ写真館


<< のすたるじい 考えている >>