べにすずめ

土曜日は、飛び込みで歯医者に行ったので、予約の患者さんでもういっぱい。結局わたしは診てもらえず、あしたの夕方あらためて行くことになりました。すぐにも治療してもらいたかったので残念ではありましたが、時間があったら訪ねようと思っていた「もとご近所さん」方に会うことができました。おひとりは、前日にうちに電話をかけて留守電にメッセージを入れていてくださったそうで、わたしはそれをまだ聞いていなかったので、神さまがちゃんと導いてくださったねえとお互いに驚きました。もう1軒は留守だったのでメモを残したのですが、10mくらい進んだところで、子どもたちと自転車で帰ってくるところに遭遇。トイレを貸してと言って、40分くらいおしゃべりさせてもらいました。

a0028049_11385881.jpgそのあと、都立大学駅近くの商店街で、かわいいおにぎり屋さん「べにすずめ」を始めた友だちの店に行きました。予告なく行ったので、とても喜んでくれました。2席分だけの座敷があって、そこで買ったものを食べることもできます。地元商店街の八百屋さんや肉屋さんが材料を届けに来てくれたり、おにぎりはもちろん、彼女のこだわりのお米を買っていく常連さんなど眺めながら、たいへんなことはあっても、好きなことを楽しくやっている彼女の心意気に感服。

a0028049_11382043.jpgこだわりのお米を、これまたこだわりのかまどで炊き、おひつで保存。添加物など一切使用せず、具にも愛情たっぷり。白米だけでなく、玄米、黒米、麦飯のものもあります。小さな彼女の手から生まれるおにぎりたちは、ずっしり大きめ。日本人は、昔から米食ってきたんだよ〜。小粒でも、パワーがみなぎってるんだよ〜。彼女自身がまるでお米のようだなあと、いまこれを書きながら思いました。

肝心のお店の場所ですが、きょうは名刺が手元にないので、あさってお知らせしたいと思います。
[PR]
by les-copain | 2005-09-06 12:00 | ■ケータイ写真館


<< 「ホッチポッチ」at銀座 きょうはハシゴ >>