希望の家~仮設レポート

水曜日の午後は、希望の家という、
一戸建ての家を改築した教会でのコンサートでした。

ベンソンご夫妻や、阿部一さんとおっしゃる、
震災直後から、支援に奔走されてこられた方々の関わりのみなさんが、
たくさんお集まりくださいました。

今回は、コパンの大好きな懐メロを
たくさんレパートリーに入れていますが、
やっぱり、思い出の歌は、
みなさんの顔が輝きますね。
いっしょに口ずさんでくださいました。

コンサートのティータイムに加わったテーブルでは、
みなさん、口をそろえて、
「歌よりも、ご主人の、奥さんを見つめるやさしいまなざしに釘付け!」

かずおとるみこが、
後ろのソファで、ふたりでなかよくすごしている姿も、
みなさんにほほえましく受け止めていただけたようです。

ふたりの笑い声が大きくなってきたときは、
ちょっとひやひやしましたが…。

毎日がスリリングです!

その日は、ちょうど、阿部さんの75才のお誕生日。

リンダさんの手作りケーキに、75本のろうそく!!

アンマリーちゃんが、帰り道に、
少し遠回りをして、
そのあたりの被害の様子を説明してくれました。

ここも、ここも、みーんな、家だったんだよ。
それしか言えないけど。

海岸沿いには、製紙工場など、
たくさんの大きな工場が並んでいて、
海からは船、工場からも大きなものが、
その後ろに立ち並ぶ家々を、
津波といっしょになぎ倒していったのでしょう。

当時、テレビのニュースでよく見た光景が思い出されました。

アンマリーちゃんとは、この日が最後。
アンマリーちゃんは、震災1か月後から、
ヘドロかきなどの支援に何度も来ているので、
めいっぱい、彼女の心のある人たちと会って、
励まし合って帰っていきました。

まりちゃん、ほんとうにありがとうね。
まりちゃんが声をかけて、サポートしてくれたから、
わたしたちは出てくることができました。

まりちゃんといっしょに写真撮らなかったね。
残念!

翌日木曜日の午前は、南三陸町の仮設。

小さなプレハブの集会室に、
ご婦人方と、未就園のお友だちが、
たくさん集まってくださいました。

こちらは、グランドゴルフでお会いしたおじさんの仮設とは、
だいぶ雰囲気が違うようです。
仮設によって、みなさんの状況も、
かなり違うということがわかりました。

るみ子のおむつを換えていただいたり、
いろいろお世話になりました!

コンビニでお昼を買っていただいて、
車の中で食べながら、
午後の老人ホームへ。

老人ホームでは、スペースがあったので、
かずおのレスリングのマット運動をご披露しました。

まりちゃんが帰ってしまったので、
コンサートの写真がないんです。

えいさんは、髭そりを持ってくるのを忘れてしまったので、
だいぶ風貌が変わってきましたよ。

老人ホームで、おばあちゃんが、
すてきなイヤリングね~と、ほめてくださいました。

そう、これは、
津波後に拾われた茶碗の欠片などを、
ご婦人方がアクセサリーに作り替えて販売するという、
のぞみプロジェクトの商品です。

おばあちゃん、さすが、お目が高い!a0028049_78331.jpga0028049_78940.jpga0028049_774564.jpga0028049_713654.jpg
[PR]
by les-copain | 2015-06-27 07:09 | ■コパンの旅


<< 再会! グランドゴルフレポート >>