コパンコンサートレポート

土曜日は、三軒茶屋のホライズンチャペル・インターナショナルの「ファミリークリスマス」。現在の牧師夫妻とは、1996年にコンチネンタルズのコンサートを見に来てくれたのをきっかけに、その年のクリスマス、区のホールを借りて一緒にコンサートしました。彼らの「We love you!」に、わたしたちはいつも励まされています。奥さんは、その昔、テレビドラマ『熱中時代』のヒロイン役で大人気だったミッキー・マッケンジー。いまはご主人タッドと一緒に、日本でイエスキリストを伝えるために奮闘しています。最近、中国から双児の女の子たちを養子に迎えて、ますますすてきなファミリーになりました。たくさんの人たちが出演して、コパンはその中で4曲演奏しました。

日曜日は、東村山市のキリストの栄光教会。駅前ビルの会議室での礼拝後、そのままコンサート。絶対どこかでお会いした!という方をお見かけして、どこだったっけ〜? と考えていたら、なんと去年の5月にうかがったパリ日本人教会の方でした。年末年始の里帰りで、またすぐ帰られるとのこと。びっくり〜。教会員の方でパン屋さんを始められた方が、コパンという名前を気に入ってくださって、いつか一緒になにかしましょう、という話も持ち上がりました。以前わたしのルームメイトで、いまは宣教師の友だちも来て、帰りに一緒にごはんを食べました。

イエスさまの生まれてくださった意味を毎回かみしめて、自分の血や肉となったものだけをうたいたい、語りたい、と思います。実際それができているのかどうか、わたしにはわかりませんが、わたしはイエスさまをおいしくいただくだけ。あとはもうおまかせするしかありません。いろいろ写真を撮ってみましたが、あまりいいのが撮れなくて残念。

a0028049_1214169.jpg


まりちゃんが来たら、かあちゃんが出してきた昔なつかし「ダイヤモンドゲーム」。バザーで30円くらいで買ってあったらしい。こんないいものがうちにあったなんて、知らなかった! 実家でも、夜な夜な、ああちゃんが勝つまでやったものでした。
[PR]
by les-copain | 2004-12-21 12:14 | ■ケータイ写真館


<< コンサートレポート〜マザーズクラス おやすみ >>