人気ブログランキング |

きのうのはじめて

a0028049_7214954.jpg
今週金曜日に、習字を教えていただく機会があるので、
習字の道具をそろえました。

かずおくん、初挑戦。
わたしも、おそらく中学卒業以来です。

「あさがお」「みかん」と書いてみました。
習字を習いにいっていた小学生のころがなつかしい!

字を書くことが好きですが、もっと練習したくなってきました。

墨を扱うので、わたしが少し口うるさくなってしまったせいか、
かずおくんの集中はあまり続きませんでしたが、
またやりたいと言っていたので、
次回は、とにかく楽しくできたらと思います。


a0028049_7214981.jpg
りんごの芯を自分で切りたいというので、
だいぶ手も大きくなってきたから、そろそろいいかな、と、
芯取りと、皮むきを教えてみました。

包丁の刃側を親指で、背の部分をほかの4本の指と手のひらで押しながら、
実と手のあいだに、包丁を進めていく。
毎日なにげなくやっていることも、
はじめてする人に説明したり、やってみせたりするには、
細かい動作に分けて考えてみる必要があります。

わたしたちが、日ごろ何気なくさせていただいていることのひとつひとつは、
なんてすごいことなんでしょう。
子どもたちが、先輩たちがしていることを、
すごい! 自分もやってみたい! と思うのは当然だな、と思いました。

芯取りは、わりとかんたんなようです。
皮むきは、包丁を横に寝かすのがむずかしいらしく、
りんごは、こなごなに割れ、
厚い皮付きのりんごと、小っちゃくなった実が残りました。

なんこずつたべていいか、わかんなくなっちゃった!

おとうちゃんにも、切っているところをご披露して、
赤毛のアンタイムのデザートの準備ができました。

子どものはじめてを応援して、
わたしも、いつまでもはじめてに挑戦する大人でいたいと思います。

みなさんの、はじめて生きるきょうという日が、
すばらしい日でありますように。
by les-copain | 2012-02-01 07:21 | ■子ども


<< - 続続・かるた >>