<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

希望

a0028049_6124160.jpg
かずおくん、
体操教室のみんなに分けるのだと言って、
二日続けてパンを作りました。

みんながとりやすいように、
スケッパーで切り分けて、小さな丸いものをたくさん作りました。

みんながよろこぶのがうれしいのもあり、
すごいねって言ってもらいたいのもあり。

かずおくんは、いいところがたくさんあります。

でも、明らかに、まわりの人の迷惑になっていることも、
よく、よく、あります。


かずおくんは、「しょうがない子」と思われている場所もあると思います。
そんなふうにした親も、「しょうがない親」です。

ならぬことは、ならぬ、と、
これから、より厳しくしていかなければならないことが、いくつもあります。
親のほうにも、なあなあにしてしまっているところがありました。


それが、親の体裁を整えるためでなく、
「しょうがない親子」であることも恐れず、
祈りつつ、目の前の子どもの必要を見つめ、
神さまに知恵をいただいて、
いっしょに成長したいと思います。

悪い行動のように見えるところだけにとらわれて、
その裏にある、ほんとうの思いを抹殺することがないように、
もっともっとたくさんある、すばらしいところに目を留めていきたい。

わたしは、いつも、たくさんの人に大目に見てもらって、
ゆるしてもらって、
わたしの中にかすかに見える希望に目を留めてもらって、
ここまでやってこれました。

わが子も、よその子も、
そして、大人も、
みんなみんな成長する。

わたしたちの先にあるのは、いつも希望であること、
すべての人の中にある、希望に目を留めることを、
忘れないでいようと思います。


a0028049_6134788.jpg
火曜日の親子体操教室では、
先生が持ってきてくださった新聞を使いました。

まんなかに少し切り込みを入れたものを、
おかあさんたちが広げて持ち、
ひとりずつ、突っ込んでいって、
まっぷたつに破いていきます。

ぜんぶまっぷたつになったら、
今度は、みんなでびりびりに破きました。

撒き散らしたり、かぶせたり、
それはもう、みんな狂喜乱舞でした。

 * * * * *

最近、「アルマジロ」という、戦場のドキュメンタリー映画の存在を知り、
戦争は、ぜったいにいけない、と、改めて思いました。

でも、日本はいま、戦争ができる国になろうとしています。

とても暗い気分になりました。
こわいです。

実家でテレビを見ても、
新聞を広げても、
インターネットを開いても、
恐ろしいニュースばかりです。

かずおくんは、最近、実家でテレビをみることがあるときに、
ニュースがついていると、
こわい、こわい、チャンネルを変えて、と、言います。

世の中を知ることは大切なことだけれど、
あまりにも悪いニュースばかりが、
音楽や言葉も、より不安をあおるような演出で、取り上げられています。

悪いことばかりが耳に、目に、自然に飛び込んでくれば、

世の中はこわいところだ、
人生に希望はない、
もっと守りを堅くしなければ、
信用してはならない、

と、なっていくのではないだろうか。

ひとりの人の心の中の不安は、
形や呼び名はちがっても、「戦争」につながっていくと思います。

平凡な日常の、あたりまえにすぎていく生活のことは、
なにもニュースにならない。
そこには、宝石がいっぱいかくされているのに。

神さま、わたしはどう生きたらいいでしょうか?
新聞を破きながら、とても複雑な思いで、祈りました。

きのう、かずおくんがたまたま図書館で手にとって、借りた、
『手ぶくろを買いに』。

人間の帽子屋さんから、手袋を売ってもらって、
無事に帰ってきた子狐を迎えて、

おかあさん狐は、

「ほんとうに人間はいいものかしら。
ほんとうに人間はいいものかしら。」

と、つぶやきます。

まったくまとまりませんが、
神さまからの約束のことばにしがみついて、
きょうも生きます。


主ご自身があなたの先に進まれる。
主があなたとともにおられる。

主はあなたを見放さず、
あなたを見捨てない。

恐れてはならない。
おののいてはならない。

(聖書 申命記31:8)
[PR]
by les-copain | 2013-01-31 06:12 | ■ケータイ写真館 | Comments(1)

大日向雅美先生 講演会

浦和友の会創立80周年記念                          

大日向雅美先生 講演会

家族と共にあるために

震災が起き、
私たちはなんでもない日常や家族の大切さに改めて気付かされました。

しかし生活を共にするその家庭の営みは、
楽なことばかりではありません。

社会不安が続く中、
何を大切にしていけばいいのか、
子育てのこと家族のあり方を、ご一緒に考えてみませんか?

●2月14日(木)10:00~12:00

埼玉会館 小ホール(JR浦和駅西口徒歩5分)

入場料; 前売り 800円    当日 1000円
託児; 500円(軽食・保険付き) 定員30名、要予約(1才以上)

*浦和友の会が、これまで大切に考えてきた「子ども」と「食」に関する展示もございます。
併せてご覧ください。

主催;浦和友の会                
協賛;公益財団法人 全国友の会振興財団
後援;さいたま市教育委員会 ・婦人之友社

お問い合わせ・申込み先は 

浦和友の会

 〒337-0052 さいたま市見沼区堀崎町323-7  

 TEL&FAX 048(688)8859

e-mail:uratomo@major.ocn.ne.jp
[PR]
by les-copain | 2013-01-29 07:39 | お知らせ | Comments(0)

焼けた!

a0028049_612763.jpg
図書館で借りた、『こどもがつくるたのしいお菓子』の中の、
「やさしいパン」を製作中。

本は、ビニールでカバーして、
わたしは、手順の説明以外、なるべく口も手も出さないように、
必要なら手伝うよ、程度に徹することができるように、心して。

レシピには、パン生地を冷蔵庫に入れて7~8時間置くとあって、
食事時には食べられないかもというと、ごねるごねる。

要は、発酵すればいいのだから、と思い、
ストーブの近くに置いておいたら、あっというまに2倍以上にふくらんで、
遅いお昼に間に合いました。

a0028049_612765.jpg
照り用のとき卵をハケで塗っています。

手前は、わたしが成形したもの。
ちょっと焼きすぎました。

a0028049_612729.jpg
こちらは、かずおくん成形のもの。

2回めは、あまり茶色くなる前に、オーブンから出しました。

a0028049_612736.jpg
テーブルをセットして、
夜中の仕事があって、昼まで休んでいたとうさんを呼び起こし、
焼きたてのパンを出しました。

おいしい、おいしい、と言いながら食べると、
照れくさそうに笑っていました。

たまごの風味がよくきいた、ほんとうにおいしいパンでした。

お誕生日に、いろんな人にケーキを焼いてあげるのだとはりきっています。
月曜日は、お出かけがないことが多いので、
月曜日を、お菓子作りの日と決めたようです。

a0028049_612744.jpg
夜は、月に一度、礼拝の中でさせてもらう賛美リードの練習。

甘えん坊で、わたしが人前でなにかをやると、
ものすごい勢いでじゃまをしにくるので(それもだいぶなくなってきました)、
礼拝の奏楽の奉仕はむずかしいだろうと思っていたのですが、

家で、賛美リードのまねをよくやっていたのを見て、
いっしょだったら、できるかも?と思い、
牧師さんや教会の方々の理解をいただいて、始めたことでした。

かずおくんは、いつも、選曲も練習も、とっても積極的で、ありがたいことです。
本番になると、練習ではあんなにでっかかった声が小さくなってしまったり、
練習ではやらなかった、思いついたことをやり始めたりして、
母としては、イライラ、ハラハラすることもありますが、
成長していると信じます。

ギターは、まだまだまったくの、弾いているつもり、です。
おこづかいで買ったギターのピックは、
犬のプルートの絵が描いてあって、お気に入りです。

やりたいことがいっぱいいっぱいあって、
あふれるエネルギーを注いでいます。

月2回通っている、ホームスクーラーのための寺子屋塾、
週2~3回のレスリング、
月2回のキッズゴスペル(ない月もあります)、
週1回の親子体操、
月1回の賛美リード。

どれも、きっかけとしては、親が与えたものなので、
かあさんが喜んだり、
ちゃんとやらないと怒ったりするから(とほほ)、
やって「くれて」いるのかな?と、ふと思い、
ほんとうに好きかどうか、ひとつずつ聞いてみました。

ぜんぶ、だいすき!
いつもそのひを、うんとたのしみにしているよ。

とのこと。

最初から、大好きかどうかわからなかったものもありますが、
いまのところ、そのようになって、そういうものに出会えて、
ほんとうによかった、と思っています。

いま、今度は、かずおくんのほうから、
かあさんも、教会学校の「おしえ」をやって! とリクエストされています。
お話と、工作を、準備からいっしょにやりたいようです。

そろそろ、とうさんに、ちゃんとギターの弾き方も習いたい。

時間の使い方を、ますます工夫する必要があります。

知恵のない者は、
さげすむこともなく、惜しげなく教えてくださる神さまに聞きなさい、と、
聖書の中に書いてあります。

わたしも、さげすむことなく、惜しげなく与えられる人になれるよう、
神さまから、愛と知恵をいただきたいです。



●家庭の外で人々にほほえむのは、たやすいことです。
あまりよく知らない人をお世話することは、
実はとてもやさしいことなのです。

あなたの家の中で毎日会っている家族を、
思いやりをもって、
やさしく、ほほえみを忘れずに愛しつづけることは、
とてもむずかしいことです。

特に疲れていたり、イライラしていたり、
機嫌が悪かったりするときは、なおさらです。

だれにでも、そんなときがあります。

そんなときこそ、苦しむ姿のうちに救い主が、
わたしたちのところにきておられるのです。

(マザー・テレサ 『日々のことば』 1月29日分)
[PR]
by les-copain | 2013-01-29 06:01 | ■ケータイ写真館 | Comments(1)

お弁当、続いてます

a0028049_4394351.jpg
この土曜日は、
ハンバーグ(こればっかり)と、きゅうりの塩漬け作りました。

3時間みっちり、レスリングの練習があって、
帰ってきて、夕飯を食べてから、どうしてもやる、と、お弁当作りにとりかかりました。

そして、後片付けまで、やってくれました。

当然、寝る時間がかなり遅くなり、
段取りが悪かったと、いろいろ後悔して、少しイライラするかあさん。

かずおくんは、やりとげて、満足そうでした。

やりたいことと、やらなければならないことを、
よく考えて計画して、楽しく実行できるように、
日々、親子で練習、練習です。

a0028049_439434.jpg
プチトマト、わたしがゆでておいたブロッコリーと、きゅうりの塩漬け。
いい塩加減にできていました。

そして、ハンバーグ。

食パンは、テーブルの上に、じかに置いていました。

a0028049_4394356.jpg
ハンバーグは、食パンにはさんで食べる予定でしたが、
かずおくん、ハンバーグを一口食べて、残りはあとで食べる、と、
パンと野菜だけ食べていました。

思ったほどおいしくなかったのかな。

そう思って、次に挑戦することはいいことだ。

図書館で借りてきた子ども用の料理本を手に、
毎日わくわくしているかずおくんでした。

なにもお出かけのないきょうは、パンを作る予定。
[PR]
by les-copain | 2013-01-28 04:39 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

大宮公園での一日

a0028049_533508.jpg
ホームスクーリング仲間といっしょに、
また大宮公園へ行きました。

無料の小動物園があります。
ここで子どもたちと写生をしてみたいなあと思っていたので、
道具を持っていきました。

レフティーの、えみま画伯。
帰るまぎわまで、いっしょうけんめい描いていました。

a0028049_5335010.jpg
よしやくんと、小さなじゅんせいくんも、
やる気スイッチ入ってました。

a0028049_5335024.jpg
えすてるちゃんも、なかなかじっとしてくれないリスをモデルに、
すばらしい絵を描いていました。

うちの画伯は、自分の紙を人には分けてあげたくないとごねたり、
初めて扱う画板に苦戦したりして、
あっというまにリタイヤ。

まあ、いいんです。

みんなそれぞれ、興味のあること、ないことありますからね。


a0028049_5335093.jpg
外のベンチで、気持ちよくお弁当を食べました。

食べ終わらないうちに遊びまわっていたかずおくんのお弁当をねらって、
カラスたちが、ベンチの背もたれまで飛んできて、びっくり!

カラスが飛び立ったあと、かずおくん、あわてて、食べきりました。

カラスはだんだん増えていき、
わたしが座っているにもかかわらず、ベンチの背もたれまで来て、
わたしの食べ物を狙う始末。

カラス、きらいじゃなかったけど、
やっぱり、ああ近くまで来られると、こわいです。


a0028049_5335154.jpg
しばらく外で遊んで、曇ってきて寒くなったころ、
また、園内にある民族と歴史の博物館へ移動しました。

昭和のひろばには、むかしのマンガによく出てくる土管や、
駄菓子屋さん、
ほんとうに水を出せる井戸、
めんこやけん玉、こまなど、置いてあります。


a0028049_5335168.jpg
えすてるちゃん、フラフープ、5つ回してます。


a0028049_5335163.jpg
まだ動物園をぜんぶ見ていないから、もどりたい、というかずおくんの要望により、
またみんなで戻りました。

そんなこんなで、またまた夕方まで遊んでしまったけど、
たくさん外ですごせた、楽しい一日でした。
[PR]
by les-copain | 2013-01-25 05:33 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

土曜日はお弁当の日

a0028049_1651784.jpg
この日もがんばりましたよ!
 
今回は、とうさんと買い出しへ。
ほうれん草、プチトマト、かぼちゃ、ひき肉をゲット。

まずは、ほうれん草をゆでました。
これは、以前からやっていたので、慣れています。

根っこのほうを入れて、10まで数えて、
葉っぱまで寝かせて入れて、10、ひっくり返して、10。

だんだん、数えるのが早くなってきます。


a0028049_1651799.jpg
ミニハンバーグ
かぼちゃの煮物
かぼちゃとじゃがいも、ほうれん草のオリーブオイル焼き
プチトマト

みどり、きいろ、あかも入って、とてもカラフルになりました。

今回は、おにぎりもにぎりました。

写真は、わたしのお弁当なので、
豆・ひじき・切り干し大根入り玄米ご飯と、
かずおくんのおにぎりもひとつ。

おいしかったです!
[PR]
by les-copain | 2013-01-21 16:51 | ■ケータイ写真館

スペシャル!

a0028049_16514811.jpg
近くに住んでいることは知っていたのですが、
いつか会いましょうと言いながら、なかなか会えなかったお友だち、なおみさんと、
とうとう会えました。

なおみさんおすすめの、おすしやさんのランチ。
11時すぎに、一番乗りで入りました。

お店で、回らないおすしなんて、
かずおくん、初めてじゃないかな?

おなかを空かせていったのもあって、
かずおくんにも一人前頼んで、
うにとあなご以外は、ぜんぶ食べました。

大きくなったもんだ!

お味噌汁つき、
子どもだけ特別、プチデザートもついて、840円。

雰囲気のいいお店で、わたしたちには、ちょっとしたぜいたく。
12時近くになると、人でいっぱいになりました。

おいしかった~!

バスに乗って、今度はなおみさんのおうちへ。
トランプ、切り紙、お医者さんごっこなどをしました。

大好きなおすしが食べられて、
電車とバスにも乗れて、
なおみさんとも遊べて、
最高に楽しい一日でした。
[PR]
by les-copain | 2013-01-21 16:51 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

生きているもの、みんなから

生きているものはみんな、
かみさまにありがとうといっています。
食べるものをくださるからです。


かみさま。
ちきゅうの上は、あなたのあいでいっぱいです。

わたしからのありがとうは、
わたしの毎日のせいかつを見てください。

(『イエスさまはいつもいっしょ』より) 
[PR]
by les-copain | 2013-01-20 21:25 | ■コパンの旅 | Comments(0)

もうひとつの記念日

a0028049_7462893.jpg
1月16日は、かずおくんが飛行機に乗って、
長崎から、埼玉のわたしたちのところへやってきた日です。

その日の午前中、病院では礼拝が行われ、
みなさんに祈られ、見送られて、出発。

わたしたちは、何日も徹夜して、
家の中を整えて、待っていました。

えいさんのいとこのじゅんちゃんが、
本棚の組み立てを手伝ってくれたっけ(下の写真のうしろに見えているものです)。

わたしたちは、羽田空港まで、
小さないのちを守る会の辻岡夫妻と、かずおくんを迎えに行くので、
かあちゃんと親友おひょに留守番を頼んで、
到着したら行われる、受け入れ式の準備をしていてもらいました。

わたしは、空港へ着いても、まだ実感がわかず、
どうして自分が空港にいるのかさえ、よくわかりませんでした。

飛行機が到着したのを確認したとき、
なんだか、これからとんでもないことを始めようとしているのではないか?
という緊張がやってきました。

遠くから、辻岡夫妻が、かずおくんを抱いてやってこられるのが見えたとき、
わたしの緊張の糸が切れ、はらはらと涙がこぼれました。

かずおくんは、静かで、目を開けていました。
わたしは、かわいいのかどうか、よくわかりませんでした。

でも、あれ??

なんだか、えいさんによく似てない?!

みんなの第一印象がそうだったので、驚きました。

辻岡先生が、
これは、神さまの神秘なんですよ、とおっしゃいました。


a0028049_627408.jpg
家では、えいさんの家族、わたしの家族、
おとなりさん、そしておひょが待っていてくれました。

まずは受け入れ式。

わたしたちも、一度かずおくんを先生に(神さまに)お返しし、
親として、かずおくんを、イエスさまにお仕えするように愛することを誓い、
祈っていただきました。

また、集まってくれた親族や友人たちも、

「わたしは、かずおくんのおばあちゃんです。」
「わたしは、かずおくんのおばさんです。」
「わたしは、かずおくんのいとこです。」
「わたしは、かずおくんのともだちです。」と、

かずおくんを抱きながら自己紹介をし、
かずおくんを愛することを宣言してくれました。

続いて、お食事会。

そのあとは、受け入れ式恒例の、
おとうさんに、お風呂の入れ方伝授式がありました。

三々五々、みんなが帰り、3人になった家の中。
(かあちゃんは、そのころ、近くのアパートに、妹のまりちゃんといっしょに住んでいました)

うれしいうれしい日でした。


a0028049_6274073.jpg
きのうは、かずおくんのリクエストで、チラシ寿司を作って、
実家に持っていって、ささやかにお祝いをしました。

手前の味噌汁は、かずお作です。
これから、汁物担当になるそうです。

チラシ寿司は、えいさんいわく、
チラシ寿司と思わなければ、おいしい、とのこと。

「基本を知らないのに、アレンジしようとする」母と24時間いっしょにいて、
外見はとうさん寄り、中身はかあさん寄りの、
なかなかおもしろい子に育っています。

神さま、かずおくんのおかあさんにならせてくださって、
ありがとうございます。

かずおくんを産んだおかあさん、
かずおくんを産んでくれて、ほんとうにありがとう。

わたしたちは、しあわせに生きていますよ。
[PR]
by les-copain | 2013-01-17 06:27 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

ね?

わかっただろう?

ひとはちからより、
やさしさにこころをうごかされるものなんだよ。

from きたかぜとたいよう


ゆうべ読んだ絵本。
有名なお話です。

このバージョンでは、最後に太陽が、このように言います。

わたしとしては、この台詞がないまま終わって、
読者が心の中で、じんわりとこのメッセージを味わうほうが好きなのですが、

でも、でも、
ほんとうにそうだよなあ、とつくづく思いました。

いま、選択理論に基づいたコミュニケーションに関する本を、いくつか読んでいます。

わたし(たち)はよく、ほんとうによく、
力で人を動かそうとします。

脅して、言うことを聞かせようとします。

愛しているから言っているつもりでも、
相手には、愛は伝わっていない。

脅したり、いじけたり、つきはなしたりするのではなく、
わたしのほうが素直になって、
あくまでも、応援したい、力になりたい、という気持ちを、
根気よく伝えていきたいと思います。

日々、練習、練習です。

きのうより、少しでもうまくいったと思えたら、
それで、OK。
[PR]
by les-copain | 2013-01-16 21:25 | 覚え書き | Comments(0)