<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

未来の

a0028049_951986.jpg
辻岡先生になるかしら?
[PR]
by les-copain | 2012-04-30 09:51 | ■コパンの旅 | Comments(1)

レイ・シドニー ゴスペルワークショップ 追加事項

アメリカから、レイ・シドニーさん来日!

親子参加、大歓迎!ということだったので、
何才までがお子さまなのか?としつこく問い合わせました。

以下、改定版、告知です。

●レイ・シドニーワークショップ

ゴスペルワークショップが、
コパン応援団長・まっこさんご夫妻が牧師を務める、
インマヌエル浦和キリスト教会にて、開催されます。

こちらのゴスペルクワイヤーも、
ハレルヤ・ゴスペル・ファミリー(HGF)に所属していて、
今回のワークショップも、HGFとの共催です。

日時: 5月27日(日) 午後2時~4時

場所: インマヌエル浦和キリスト教会
(最寄り駅/JR京浜東北線・北浦和またはJR埼京線・南与野)

参加費:2000円(高校生以上) 
お問い合わせ先: インマヌエル浦和キリスト教会  048-832-2580

教会HP http://homepage3.nifty.com/IUCC/

託児あり、だそうです。
もちろん、小さな子のワークショップ参加もOK!
[PR]
by les-copain | 2012-04-30 07:01 | お知らせ | Comments(0)

小さないのちを守る会・総会

a0028049_5365569.jpg
かずおくんが、なんだか朝から眠そうで、
いっしょうけんめい、ごみだしや、ニュースレターの発送作業を手伝ってくれたあと、
おんぶひもでおぶってちょうだい、と言いました。

お昼ごはんを準備するあいだ、
とうさんが2階に上がってくるまで、
しばらく、赤ちゃん気分。

たまにはね、赤ちゃんになりたいね。

なつかしいんだって。
寝た振りしています。


a0028049_5365681.jpg
小さないのちを守る会の総会に、
かあちゃんも連れて、みんなで出席しました。

本部が、ふたたび、名古屋から東京に移ったのです。

おそらく70代後半の辻岡健象牧師と奥さまの敏子さんが、
いまなお、熱い心を持って、小さないのちとおかあさんのために、
東奔西走しておられます。

神さまが、辻岡先生に直接、
「いちばん小さな者のために働くように」と語りかけられなかったら、
そして、先生が「はい」と答えられなかったら、
かずおくんにも、この子どもたちにも、会うことができなかったのです。

そして、わたしたちひとりひとりも、
両親たちの「はい」があったからこそ、いまここに存在するのです。

最近は、妊娠検査薬が進化したために、
早い段階で、妊娠がわかること、
そして、医師も、望まない妊娠なら、できるだけ早い中絶を勧めること。

最近は、相談者とのやりとりは、ほぼメールで、
慣れないおふたりが、いっしょうけんめいメールでお返事を書いていること。

電話での、声のやりとりなら、
話しているうちに、話すつもりもなかったことまで打ち明けられるほど、
心を開いてもらうことができたりもするけれど、
メールでは、最低限必要なことのみになってしまったり。

守る会の支部として機能する医療機関も、
沖縄と埼玉の支部をしておられた産婦人科の先生方が
それぞれ亡くなられてから、かずおくんが生まれた、
長崎のいその産婦人科だけになってしまっていること。
(ほかにも、いその産婦人科で生まれた子どもたちが来ていました!)

神さまが辻岡先生に与えられたスピリットを
受け継いでいく人たちが必要です。

わたしには、とてもあそこまでできないと思わず、
それこそ、小さなことから、なにかお手伝いができたら、と思います。

もっとも小さな者にしたのは、わたしにしたのです、と、
イエスさまがおっしゃったので、
わたしも、小さなイエスさまのために、なにかさせてください。

歌うこと、声に出すこと、
パンフレットを持ち歩くこと、

互いに親切にすること、なかよくすること、

赤ちゃんを迎えること、
赤ちゃんを産むおかあさんに、産むまでいられる、安全な場所を提供すること、

ひとりで子どもを育てているおかあさん(もしかしたらおとうさん)を助けること、
社会みんなで子どもを育てること、

辻岡夫妻のメール打ちを手伝うこと、
かばんもちをすること、

辻岡先生をお迎えして、いのちについて考える会を開くこと、
(きっとお人形の「ちいくん」も来てくれます)

きっときっとたくさんあるはずです。


これからは、そんなことも、もっとここで書いていこうと思います。

かずおくん、生まれてくれてありがとう。
おかあさん、かずおくんを産んでくれてありがとう。
[PR]
by les-copain | 2012-04-29 05:36 | 小さないのちを守る会 | Comments(0)

同じ地球の上で

お友だちのjujuちゃんとご主人、
そして5才のはるくんの一家は、ただいま宣教地訪問中。
南アフリカのお友だちファミリーといっしょにすごしています。

jujuちゃんの親友Jodyは、
現地で、孤児院を任されています。

治安が悪いところへ、
小さな子を連れて旅をするとは、
ほんとうに勇気のいることだったと思います。

そして、祖国を離れて、子どもたちに仕える人たちがいるということ、
たいへんな境遇で、力強く生きていく、現地の人々がいるということ。

日本には日本の抱える問題があるけれど、
少なくとも、お昼はなにを食べようかな、という余裕があることが、
あたりまえではないのだ、と教えられます。

たくさんの人たちからの、子どもたちへのおみやげと心を携えて、
岡野家は旅立ちました。

無事に着いたかどうかの連絡も取れないけれど、
神さまが、すべての面で守ってくださっていると信じます。

Jodyの住む地域の様子のビデオがあります。

やり方がわからないので、アドレスを貼り付けるだけですが、
よかったら、ぜひご覧ください。

http://vimeo.com/15343932

英語なんですが、訳せなくて、ごめんなさい!

はるとくんは、なにを感じてくるかしら。
アフリカの子どもたちは、日本の子どもを見て、どう思うかしら。

家庭は簡素に、社会は豊富に。

友の会のスローガンです。
そうありたい。
[PR]
by les-copain | 2012-04-27 05:57 | 祈りのリクエスト | Comments(1)

覚悟

a0028049_18363390.jpg
みんながみんなではないけれど、
どうして男の子は、こうも乗り物が好きなのでしょうね。

わたしは車の免許を持っていません。
短期のガソリンスタンドのアルバイトをしてみようかな、とちょっと思ったけれど、
車の誘導ができないとだめだと気づいて、即、やめました。

かずおくんのオーライオーライは、もう信頼に足るものです。
すごいなあ。
わたしができないから思うだけかもしれませんが、
なにかが好きであることのパワーって、すごいです、ほんとうに。

a0028049_183633100.jpg


おかあちゃん、そんなことができて、すごいね。

と、ときどき、かずおくんが言います。

むかしのコマーシャルにあったけれど、
ママの手は、魔法の手なんだろうなあ。

先日、餃子の皮をいっしょに包んだとき、
わたしは、ひととおり、やり方は指導したけれど、
やる気を優先して、少々口が開いてしまったりしても、
好きなようにやらせていました。
回を重ねるごとに、できるようになればと思いつつ。

でも、途中でえいさんと交代したら、
最高の仕上がり優先のえいさんは、
きびしく包み方を教えました。

かずおくん、最初は、好きにやりたい、こうでいいんだ、と泣きが入ったので、
もうやらない、と言い出すんじゃないかと少し心配しましたが、

正しいやり方がわかって、自分でかっこいい餃子が包めたとき、
どこで覚えたのかわかりませんが、えいさんに、

かずおくん、べんきょうになったよ!

と言いました。

やっぱり、ちゃんとかっこよくできたら、うれしいんです。

わたしも、勉強になりました。


来年は、いよいよ小学校に入る学年です。

ホームスクーリングは、まだまだ知られていないので、
ご心配してくださる方々から、
いろいろな質問やご忠告を受けることがあります。


それは、興味を持ってくださっている、ということ。

これはありがたいことだ、と思うようになりました。

養子家庭であること、
ホームスクーリングをしていること、
介護していること、
あまりない職業であること、などなど、
説明だけでは、理解がむずかしいと思います。


さまざまなご忠告を、
わたしがホームスクーリングを楽しめているかどうか確認するチャンスとして受け止め、
よりよい家族の交わりと、わたしたちの選択する社会とのよりよいつながりのために、
日々、工夫していきたいと思います。

どちらがよいかということではなく、
神さまが、やってごらんと言ってくださるので、
すべての必要は満たされると信じます。
[PR]
by les-copain | 2012-04-26 18:36 | ホームスクーリング | Comments(0)

-

a0028049_582223.jpg

a0028049_582343.jpg

a0028049_582383.jpg

a0028049_582350.jpg

a0028049_582332.jpg

[PR]
by les-copain | 2012-04-25 05:08 | ■コパンの旅 | Comments(0)

目のつけどころ

a0028049_6421035.jpg
親子体操のブログで、
せっかく運動系だから、
わたしも、もう一度、肉体改造計画を宣言し、
体脂肪や、その日にした体操、所見など、
日々のもろもろを記録しています。

ず~っと前に買って、しばらく続け、
ひさしくごぶさたしていた、チョンダヨン・モムチャンエクササイズを再開。
彼女の写真を見ては、わたしもこうなるぞ!と励みにしています。

本の帯の、彼女のビフォー・アフターの写真をかずおくんに見せてみました。

この人、前はこうだったけど、いまはこうなったんだよ。
すごいよね。
かあさんも、こんなふうになろうかと思って。

まえは、おようふくきてたのに、
いまははだかんぼなの?
かあさんも、はだかんぼになるの? 

かずおくんが、不安そうに言いました。

とにかく、親子体操のときに、おなかの肉がじゃまなので、
なんとかしたいと思っています。

そして、なにごとも、体が資本。
元気で、フットワーク軽くいられるように、

がんばれ~、かあさん!


宿題がいっぱいです。
神さま、工夫して、よろこんでできるように、助けてください!

jujuちゃん一家は、
南アフリカの、宣教師の友だちファミリーを訪ねる旅に、
おととい、出発しました。

すべてが守られますように。
孤児院の働きをするご家族と、その子どもたちと、
すばらしい出会いのときとなりますように。


みなさん、よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2012-04-20 06:42 | ■子ども | Comments(0)

レイ・シドニー ゴスペルワークショップ

アメリカから、レイ・シドニーさん来日!

ゴスペルワークショップが、
コパン応援団長・まっこさんご夫妻が牧師を務める、
インマヌエル浦和キリスト教会にて、開催されます。

こちらのゴスペルクワイヤーも、
ハレルヤ・ゴスペル・ファミリー(HGF)に所属していて、
今回のワークショップも、HGFとの共催です。

日時: 5月27日(日) 午後2時~4時
場所: インマヌエル浦和キリスト教会
(最寄り駅/JR京浜東北線・北浦和またはJR埼京線・南与野)
参加費:2000円
お問い合わせ先: インマヌエル浦和キリスト教会 048-832-2580

教会HP http://homepage3.nifty.com/IUCC/

レイさんのワークショップで、2000円は、破格だそうですよ!
子どもさんたちにも歌いやすい選曲になっているので、お子さまもぜひ!


a0028049_7372818.jpg
あいかわらず、わたしの計画性のないまま、
ドタバタのホームスクーリングの日々をすごしております。


きょうは、うどんをうちたい! というリクエストに答え、
朝から、仕込みを始めました。


a0028049_7372936.jpg
なわのようにぶっとい、うどんの完成。

かみごたえ抜群で、おいしい!

とうちゃんああちゃんにも持っていこうかと思ったけれど、
歯のない人たちなので、食べられないだろうと判断。
やめました。

a0028049_7372988.jpg
そして、生協から届いた餃子の皮を見て、
どうしても、今夜、食べたいという熱意に負け、
ふたりで、包みました。

となりでは、これまたかずおくんのリクエストに答えて、
えいさんがリングケーキを焼いています。
翌日、雨天決行されたデイキャンプのおやつに。

やりたい!と思ったことをそのときできるのは、
ホームスクーリングのよいところです。
この日は、一日中、食べるための活動をしました。

学校のようにやろうと思わないようにしようと心がけていますが、
もう少しわたしも計画性を持って、
やりたいことと、やるべきことを、バランスよく、
一日のうちに、楽しく散りばめたい。

うどんにケーキに、餃子と、
このところ、粉物つづきの、堀井家の食卓です。
[PR]
by les-copain | 2012-04-17 07:37 | お知らせ | Comments(0)

リンクしました

かずおくんとわたしは、
BLT(Be Loved Todayの略)という、キッズゴスペルクワイヤーに参加しています。

おもには、年に2回の発表会に向けて、
月2回ほど、集まって練習しています。
次回の本番は、6月16日(土)@ルネこだいらです。

12月の発表会には出れないことが多いのですが、
それでも、参加できる練習には参加して、
思い切り、大きな声で、親子で歌います。

BLTのブログを、リンクしました。
ご興味のある方、ぜひ、のぞいてみてください。
メンバー、随時募集中、ご見学、大歓迎です。


BLTブログ

http://ameblo.jp/blt-hgf



大人のクワイヤーがいいな、という方は、
BLTが所属する、ハレルヤ・ゴスペル・ファミリー(HGF)のHPをご覧ください。
お近くにもあるかもしれません。


ハレルヤ・ゴスペル・ファミリーHP

http://hgfjapan.com/home.html

a0028049_69464.jpg
わたしは、自慢ですが、
生まれてこのかた、一度も逆上がりができたことがなく、
わたしの人生に、鉄棒という文字はありませんでした。

というわけで、教えることはできないのですが、
教えられなくとも、かずおくん、
ちょこちょこと、おにいさんおねえさんたちが鉄棒をしているのを見ているうちに、
なんとなく、もうすぐ逆上がりができそうな感じになってきました。

これは、えいさんの分野です。
よろしくお願いしますね。

わたしは、
いちばん高い鉄棒に飛び上がれるように、がんばります。
[PR]
by les-copain | 2012-04-15 06:09 | お知らせ | Comments(0)

里親制度とホームスクーリング

a0028049_722814.jpg
かずおくん、お手伝いで、せっせとポイントを稼いでいます。

わたしが、たいへんだなあと思っていた、新じゃがを洗う仕事を任せました。

あ~、こしがいたい、と言いながら、

その日のお昼ごはんに、お客さんにお出しするものの中に、
皮ごと入れるものだから、と説明したら、
張り切って、最後まで、きれいに洗い上げてくれました。

おふろにはいるよ~。
きれいにするよ~。

いつでも楽しそうで、ほんとうにしあわせな人です。
かずおくんは。

「幼児はいつも、いそがしく、しあわせで、
いつも手でなにかしているのです。」  (マリア・モンテッソーリ)


a0028049_722830.jpg
とうとうやりました。

ポイント満了、新幹線のおもちゃ、ゲットです!

おめでとう!
よくやったね~。

よく、人に学年を聞かれ、では、もうすぐ1年生だね、と言われます。

すると、かずおくんは、

かずおくんは、ホームスクーラーだから、
がっこうへはいかないで、おうちでべんきょうするの。

と答えます。

先日遊びに来てくれた、4年生のお友だちに、

かずおくんは、ホームスクーラーなんだ。
ホームスクーリングってしってる? と聞いていました。


以前から、里親制度に関心があり、
いつか、その可能性もあるだろうな、と思っていました。

『ぶどうの木』という本を書かれた方の、
里子さんとの生活を再現したドラマを見たことがあります。

その中で、里子さんがいじめに遭い、学校へ通えなくなったとき、
里親さんは、里子さんを学校へ行かせず、家にいさせる決心をしました。

すると、児童相談所から電話があり、
学校へ行かせないのであれば、子どもを預けるわけにはいかないということで、
その子は、施設へ返されてしまったのでした。

里親家庭では、ホームスクーリングができないと知り、
それがネックでした。

かずおくんもだいぶ成長して、
とにかくいま、弟か妹がほしくてたまりません。

兄弟がほしいこともですが、
わが家を必要としてくれる子どもたちがいるなら、
ぜひ来てほしいと思っています。

『ぶどうの木』の方のころとは、状況も変わっているかもしれないと思い、
思い切って、今週、児童相談所に電話をしてみました。

すでにかずおくんを特別養子縁組していること、
自宅介護をしていること、
仕事上、よく旅をして、かずおくんも同行すること、
ホームスクーリングをしていること、など説明しました。

児童相談所の方には、やはりホームスクーリングという言葉自体が、
耳に新しかったようで、
ほかの人と相談して、また連絡しますとのこと。

そして翌日、やはり里親制度で、ホームスクーリングはむずかしいです、
というお返事をいただきました。

わたしは、
そうですか、でも、また状況は変わるかもしれませんよね?
あきらめずに、またいつか問い合わせてみます。
ありがとうございました。

とお答えしました。

学校へ通っていても、ホームスクールでも、
いつだって、楽しいことばかりではないし、いやなことばかりではない。

人にホームスクールをおすすめするわけではありませんが、
わたしたちの発信する、さまざまなことから、
ホームスクーリングもありだな、楽しそうだなと、
少しでも思っていただけたらうれしく思います。 

そして、里親家庭にも、ホームスクーリングの機会が開かれていくことを、
祈っていきます。
[PR]
by les-copain | 2012-04-14 16:38 | ホームスクーリング | Comments(2)