<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

いまから

自転車で北浦和まで行きます。

何分かかるかな?
[PR]
by les-copain | 2011-06-28 09:46 | ■コパンの旅 | Comments(1)

こちょこちょ

a0028049_455341.jpg
教会の帰り道。
駅までいっしょに歩く人がいなかったので、つまらなそう。

いつも必ず、花壇の石のふちの上を歩きます。
行き交うバスに目をうばわれては立ち止まり、
定期的にあらわれる、茶色い大きな四角い箱によじのぼる。
店の入り口の階段をのぼって、店の自動ドアを開ける。


なかなかえきにつかないよう・・・!


そりゃそうでしょ!
前に進んでないんだから!


ある先輩おかあさんが、「遺伝子に組み込まれてるのよねえ」と言った。

やらなければならないことより、興味のあることにまず心うばわれる。
かあさんの気を惹くためには、どんなに怒られてもいたずらする。

遺伝子に組み込まれてるんじゃ、仕方がない。
神さまがそうされたんだ。

教会で耳をすませていると、
かずおくんはよく、のぶにいちゃんに、
「かずおくん、ちゃんと●●●できたら、こちょこちょしてあげるよ」と言われている。

こちょこちょはごほうびなんだ!

きのう、メロディオンから帰る電車の中で、
神さまはどうして、くすぐったいという感覚を作られたんだろうかと考えた。

こちょこちょしあって、笑うためかな。
こちょこちょされると、かわいがってもらっていると感じられるからかな。

神さまのわざで、遺伝子に組み込まれていると思えば、
いたずらも、ぐずぐずも、だいぶ大目に見てあげられる。
イライラする瞬間も、こちょこちょで切り抜けられそうな気がする。

わたしがわたしの心を守る術は、
すでにわたしの遺伝子に組み込まれている。


自分の中のたからものを発見した気分です。


あなたの中のよいものが、きょうもまた新しく見つかりますように。
[PR]
by les-copain | 2011-06-28 04:55 | ■子ども | Comments(1)

消防車を描きました

a0028049_20361835.jpg
ブログに載せろと言うので。
[PR]
by les-copain | 2011-06-25 20:37 | ■子ども | Comments(0)

初収穫

a0028049_14415945.jpg
トマトの苗だけは、買ってきて、庭に植えてありました。
毎日毎日、成長を見守ってきた実。
最初のひとつがやっと真っ赤になって、
今朝、第一号を収穫しました。

♪ ト~マトって かわいいなまえだね
上から読んでも「トマト」 下から読んでも「トマト」

♪ ト~マトって なかなかおしゃれだね
小さいときには青い服 大きくなったら赤い服


a0028049_14415942.jpg
あさってくらい、もうひとつぶ、食べられそうです。
たくさん実がついてはいるけど、赤くなるまでに時差があるので、
一日ひとつぶを、毎回3等分になりそうだな。

おいしいです!
[PR]
by les-copain | 2011-06-25 14:41 | | Comments(0)

ダンス!ダンス!(追記あり)

過去3枚のCDに、アレンジ・演奏・コーラスで参加させてもらった
「つるまきゆりこ」さんという方がいます。
彼女の新作にまたまた協力させてもらいました。
ダンスカンパニーのワークショップ用ということで、
今回のテーマは、【ラジオ体操をダンスする】。

不思議なテーマですが、7/16のワークショップで
実際に参加者のみなさんと踊るんだそうです。
その仕事がやっと完成。
かずおくんに聴かせてみると...。


a0028049_12173199.jpg
ゴスペルコンサート出演を経験して、
ちょうど気分が乗っていたこともありますが、
音楽が始まるなり、服を脱ぎ出し、
スッパダカになって踊り始めました!
ヤッタ !!

少なくとも、うちでは大成功です。
実際のワークショップでも、みなさんに楽しく踊っていただけたらうれしいです。


ワークショップの情報はこちら。
「セッションハウス」
からだ大学のダンスゼミです。

まだ定員に余裕があるということで、
ダンスに興味のある方はぜひご覧ください。
この企画、けっこう素敵な(一部有名な)方たちが関わっていますので、
興味津々です。
ダンスだけでなく、表現全般に興味のある方にオススメです。

当日、わたしたちも見学には行きたいなぁと思っています。
[PR]
by les-copain | 2011-06-22 14:53 | ■子ども | Comments(0)

「親が自分のために規則を作るなら・・・」

(きのうの礼拝メッセージより)

●いばらない・・・親の権威をふりかざさない
●いじけない・・・なげやりにならない
●いそがない・・・すぐに答えを出そうとしない、自分の大切にする正義感を押し付けない

●御霊の実は、愛、よろこび、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。

(ガラテヤ 5:22・23)

・・・上記の3つを、御霊の実によってさせていただく。


●あなたは、キリスト・イエスにある信仰と愛をもって、
私から聞いた健全なことばを手本にしなさい。
そして、あなたにゆだねられた良いものを、
私たちのうちに宿る聖霊によって守りなさい。

(第2テモテ 1:13・14)

・・・ゆだねられた良いもの=伴侶、子ども、親、友だち・・・

●私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。
主のあわれみは尽きないからだ。
それは朝ごとに新しい。
「あなたの真実は力強い。 主こそ私の受ける分です。」と
私のたましいは言う。
それゆえ、私は主を待ち望む。

(哀歌 3:22-24)

・・・滅びていくはずだった私が、あわれみによって与えられている恵み。
子育ても、つねにそこからスタートする。

●父たちよ。子どもをいらだたせてはいけません。
彼らを気落ちさせないためです。

(コロサイ 3:21)

・・・同じく、「母たちよ。」
子どもたちは、親からの祝福を求めている。



a0028049_4591363.jpg
長い週末を終えて、よいよいと再会。
おっぱいをあげています。

a0028049_4591366.jpg
先週、梅酒用の青梅が届いたので、
今年は、梅プルーンエキス漬け、梅シロップ、梅ラム酒漬けを仕込みました。

梅プルーンは、まだ青梅たちの頭が液から出ているので、
かびないように、毎日1~2回、ビンをごろんごろんと回して、
青梅を液に沈めてやります。

かずおくんが思い出して、週末の分、ごろんごろんしてくれました。
おいしくなるよ~。

わたしとかずおくんは、今年もクーラーなしですごす予定。
梅プルーンは、暑い夏を元気に乗り切る必需品です。
[PR]
by les-copain | 2011-06-20 04:59 | 覚え書き | Comments(0)

ゴスペルチャリティーコンサート

a0028049_431421.jpg
土曜日の朝は、ピアニスト・愛子ちゃんに会いに、武蔵小金井へ。
とってもかわいいアパートで、おいしいランチをごちそうになりました。

おもてなしを、ほんとうにありがとう!
今度はもっとゆっくり会いましょう。

「では、また夕方ね!」と愛子ちゃんに見送られて、
武蔵小金井から会場の小平まで、バスに乗っていきました。

バスって、なんだか楽しい。
電車より車より、遠足の気分がするからかな?

a0028049_431474.jpg
リハーサル風景。
ふたつのキッズクワイヤー合同で、2曲。

こういう発表会というものは、初参加のかずおくん。
コパンではいつもいっしょにステージに立っていますが、
決められたことを練習して望むというのは、ほんとうに初めて。

みんなと舞台に立つという目標があったからか、
つい遊んでしまっていた練習にも、がぜんやる気が出て、
家でも練習用CDに合わせて熱心に歌っていました。


a0028049_431414.jpg
いやあ、みんなの成長をひしひしと感じます!
それはもう、おかあさんたちが口々に言っていました。

愛子ちゃんいわく、かずおくんはステージで大きなあくびをしていたそうです。
眠いのに、よくがんばったね!

会場では、たくさんのなつかしいみなさんにお会いしました。
かずおくんをお披露目もできて、みなさん、喜んでくださいました。

愛子ちゃん、来てくれて、ありがとう!
会いに出て行かなくて、ほんとうにごめんね!
それだけが、いまでも心残りです・・・。

a0028049_4133477.jpg
帰りはもうまっくら。
駐車場までの道のりを、みんな楽しそうに歩いて帰りました。

中央線だ~。

男の子たちの興味は、やっぱり電車。

a0028049_431453.jpg
BLTのリーダー・jujuちゃんのお宅に泊めてもらいました。
子どもたちは車の中で撃沈。
ビッグデイだったもんね!

大人は、差し入れの立派な焼き鳥をいただきながら、
一日をふりかえりつつ、夜更かしのお楽しみ。

朝は、すてきなお庭の朝食を用意してくれました。
jujuちゃんは、生活を楽しむ天才です。
いろんなことが刺激になりました。
うちも、お庭でごはん、やってみよう!


a0028049_413344.jpg
おなかもこころも満たされて、
みんなで浦和チャペルの礼拝へ行きました。

たのちいね~、はるとくん?
たのちいね~、はるとくん?

そうとう楽しかったようです!

jujuちゃんと、これから子どもたちといっしょにやりたいことの話に花が咲きました。
いろいろ楽しみだ~!

えいさん、かあちゃん、お留守番、ありがとう!
今度はいっしょに見に行けたらいいね。

きのうは父の日だったので、
教会からの帰り道、かずおくんは、えいさんにポストカードを選び、
わたしは、お茶菓子を選び、
みんなで実家へ行きました。

きのうの礼拝メッセージは、みんな、おとうさんから祝福されたいと願っているということ。

とうちゃん、いつもありがとう、と伝えてきました。



わたしは、しあわせです。
[PR]
by les-copain | 2011-06-20 04:03 | ■ケータイ写真館 | Comments(1)

デイリーブレッドの分かち合いより分かち合い

私たちはキリストに似た者となることがわかっています。
なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。―Ⅰヨハネ3:2



わたしたちは、「地上のからだを脱ぐ」日を心待ちにする前に、
この世の中を、「天国を着て」生きることができるのですって。


天のお父さんが着せてくださる衣は、天国メイド。
心にも、からだにも。


きょう、あなたの衣をまとわせてください。
わたしは、軽やかに生きることができるでしょうから。



a0028049_5475368.jpg
はだかんぼで、お料理中のかずおくんです。
たまごやきですって。


きょうは、ルネ小平にて、
ゴスペル・チャリティー・コンサートです。
午後6時会場、6時半開演、入場無料です。
かずおくんやおともだちが、最初に登場します。

午前中は、かわいいメガネ夫婦に会いに行く予定。


みなさん、よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2011-06-18 05:51 | 覚え書き | Comments(0)

人として

a0028049_4383179.jpg
先日、メロミオン講習に向かう途中、
えいさんから、電車の写真を撮ってきて、というメール。

というわけで、今年度いちばんの遠方、茨城県筑西市に行った際に撮った写真です。

これは、JR水戸線。
JR宇都宮線の小山から出ています。


a0028049_4383133.jpg
これは、寝台車北斗星の回送電車を引っ張っていた先頭車。


a0028049_4383122.jpg
走り去る北斗星。


きのうは、昨年度もお世話になった販売店さんが、学校へ連れて行ってくださいました。
小学生のお子さんを持つ、おとうさん。

学校のこと、ホームスクーリングのことで、話が盛り上がりました。
お子さんの将来について、真剣に悩み、取り組んでおられます。
最後には、少し、神さまのこともお話しました。

来年も再来年も来て、お子さんの成長の様子を教えてください、とおっしゃっていました。

わたしも考えるところがたくさんありました。

お話をしながら再確認したことは、
教育の責任は親にあるということ。

それは、教科書を開いて、机に向かう勉強をさせることではなく、
子どもたちがいちばん信頼する大人として、
どのように生きていけばよいかを、身をもって示すこと。

かずおくんにはしてほしくないことを、
わたしはやっています。言っています。考えています。
そうやって、少しずつ信頼をうらぎっていくのでしょう。

かあさんは、おろかで、弱いけれど、
愛するあなたの信頼を得るために、
最も信頼に値する神さまに助けていただいて、
いつもベストを尽くすことを約束します。

こんなかあさんを愛して、助けてくださる神さまに、
あなたも出会ってください。

いつもかあさんをゆるしてくれて、ありがとう。
いっしょに成長させてくれて、ありがとう。


メロミオンも、残すところ、あと2日です(たぶん)。
わたしでなくてもできることだけれど、
神さまは、メロミオンを通しても、いろいろなことを教えてくださっています。
最後まで、いっしょうけんめいやらせていただきます。
えいさん、かずおくん、いつもお留守番、ありがとう。

みなさん、よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2011-06-17 04:38 | ホームスクーリング | Comments(1)

デイリーブレッドより

私たちは、
「人の益を計り、良い行いに富み、
惜しまずに施し、
喜んで分け与えるように」なるべきです(Ⅰテモテ6:18)。

興味深いことに、神は私たちの富を、私たちの人生の質で計られます。
他人を祝福するためにどれだけ気前よく財を用いたかで、
私たちが富んでいるか否かを計られるのです。

ウォール街で語られる言葉は間違っています。
自分の安定と自分に対する評価は、
銀行の預金残高に比例する、と考える人はよく注意すべきです。

(Joe Stowell)

自らの財を用いて他人を祝福できる人だけが、富は祝福だと言うことができる。



きのう、メロミオンの販売店さんが、
競争の激しい中、欲をかいた販売店はやはり消えていくとお話していました。

わたしも、神さまの祝福を信じきれず、
欲をかくことがよくよくあります。

はずかしいことばかりだけど、
それでも生かされてます。
なんという祝福でしょう。

神さまが祝福されることには、まちがいないです。
人の成功をうらやむ心はなくなってきました。

神さまはわたしのことも、決して忘れていない。

信じます、神さま。
王の子にふさわしい心の尊厳を教えてください。
[PR]
by les-copain | 2011-06-17 04:32 | 覚え書き | Comments(0)