<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

大地は神さまからの借り物

a0028049_6195516.jpg
愛するホロから、箱いっぱいのパンが届きました!
このパンは、希望でふくらんでます!
いつもありがとう~!

「大地は、子孫からの借り物」

ネイティブアメリカンのことわざだそうです。

そうです。
借り物は、大切に使わせていただかないといけない。

いつかお返しするものだから。
[PR]
by les-copain | 2011-04-30 06:19 | 覚え書き | Comments(1)

座布団

a0028049_524256.jpg
浦和友の会は、今年度、たくさんの縫い物をして、被災地にお送りする予定です。
先日の集まりのあと、山と積み上げられた手作り座布団の仕上げ、
真ん中に糸を通す作業のお手伝いを、少しだけさせてもらいました。

それまで、そろそろかえろうと言っていたかずおくんが、
作業の様子を見るなり、おかあちゃん、おわるまで、やってきな!
おもしろそうに見えたらしい。

子連れだと、縫い物の集まりはむずかしいかと思っていましたが、
もしかしたら、いっしょにできること、ありそうね。

座布団の真ん中の糸、綿のくずれも防ぐし、
くぼみができて、おしりにもフィット。
いままで気にも留めていなかったけれど、
よく考えて作られているんだなあ。

手作りの、ふっかふかの座布団たち。
わたしが仕上げしたものも、3枚。
どちらに渡るんだろうな。
避難所の冷たくて硬い床が、少しでも快適になりますように。

a0028049_5223595.jpg
漢字練習帳に、ヨコミネ式の順番で、わたしが字を書いておいてあったのですが、
これまではさほど興味がなく、そのままにしてありました。
それが、先日のホームスクーラーの集まりに参加して、
それぞれが自分の勉強に取り組んでいる姿に触発されたようで、
あれ以来、字の練習にハマってます!

自学自習の習慣をつけたいと思っていたので、
これはチャンスとばかりに、声がけをするようにしてみました。

お昼ごはんが終わったら、字の練習してみる?

そうやって、3日続きました。
きのうは、かずおくんがカタカナをもくもくと書いている間、
わたしはとなりで、ときどきお手伝いをしながら、自分の宿題をすることができました。
わ~い! わたしの夢のひとつ、かなった~!

いまのところ、24時間、子どもといっしょにいますから、
自分の時間を、いかに子どもといっしょに過ごすか、
家事を、いかにみんなでやるか、
これは大きな課題であり、工夫のしどころです。

きょうも声がけはしてみますが、きょうはやらないと言ったら、それはそれでよし。
これは好きそうだな、と思ったところに、すっと機会を差し出す。

かずおくんが、自分には、好きなことがいっぱいあってしあわせだ、
よろこんでもらえることがいっぱいあってしあわせだ、と思えたら、
わたしもしあわせです。

さあ、かあさんも、きょうをわくわくと生きるよ。

みなさん、よい週末を!
[PR]
by les-copain | 2011-04-30 05:02 | 友の会 | Comments(1)

It takes time.

a0028049_5564568.jpg
『おさなごを発見せよ』(羽仁もと子選集)の中に、
「輝く希望をもって」だったかな? というようなことばがあります。

いまできなくても、落胆する必要はない。
子どもたちがなにかできるようになっていく過程の先には、常に、「輝く希望がある」のです。

それは、おとなも同じ。

夜寝る前の支度はいっぱいあります。
自分の片づけや次の日の準備、それが終わったら、かあさんの手伝いが、定着してきました。
まだ、最初は、疲れて、ひとりじゃできないとぐずぐずすることもありますが、
絵本の時間をたくさん作ることを目標に、スイッチが入ると、
もうお手伝いが止まらなくなります。

わたしの段取りがうまくいかず、
遅くなってから洗濯物が仕上がって、
干したりたたんだりはあとでいいから、とにかく寝ようと言っても、

だいじょうぶよ! ほしたい、ほしたい!
たたむ、たたむ、だいじょうぶよ!

干して、たたんで、しまってくれます。

そんなこんなで、寝る時間がどんどん遅くなってしまいます。
もっと早くから夜の家事を開始せねば。

夜のお仕事がぜ~んぶ終わって、ふたりでハイファイブ。
イエ~イ!

わたしはとにかく、ありがとう、助かる~、かあさんはしあわせだ~、
と伝えることに徹するようになりました。
でも、ほんとうにしあわせです。

怒ることがだいぶなくなりました。
地震や、体調をくずした→回復していることも、大きく影響していると思います。

そして、わたしたちの未来は希望に満ちていることを信じようと、
いろいろなことを通して、思わされています。

小さな「できた!」よろこびを発見する日々でありたいです。

a0028049_5564584.jpg
あこがれのレジに見立てて、
いらなくなった計算機を、牛乳パックにつけてくれ、というかずおくんのリクエストに応えて、
とうさんかあさんで、レジと自動販売機を作りました。
どちらもまだ外装が未完成なのですが、いいのができましたよ!


a0028049_5564535.jpg
自動販売機は、インターネットで調べたものを参考にしました。
材料は、空き箱、食品トレー、ガムテープ、ペットボトルのキャップ、色紙です。
背中が開いて、1度には3本ずつですが、飲み物を込められるようになっています。
ボタンを押せば、飲み物が出ます。
コインを入れて、裏の空き箱が受けます。

わたしは作って満足してしまうのですが、
かずおくんがやりたいのは、それを使って、お店屋さんごっこをすること。
ちゃんと出番を作ってあげないとね。


庭のレモンの木が、初めてつぼみをつけています。
今年はなるのかな?

ひまわりも、元気に芽を出しました。

行けなかったけれど、友だちは、きょう結婚式です。

被災地にも希望が届きますように。

よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2011-04-29 05:56 | 手作り | Comments(4)

いのちあるうちに

a0028049_5124219.jpg
駅で見かけた旅行のパンフレットは、必ず取ります。
電車の中で、いつもはわたしのひざか、立たせることが多いのですが、
空いていたこの日は、わたしの向かいに1席陣取り、
パンフレットを見ながら、大きな声で、いろいろな駅名を羅列。

わたしのとなりに座っていたおじさんが、
もう読めるの? すごいねえ! とおっしゃったので、
いえ、まだです。読んでいるつもりです、とお答えすると、
読めなくても、本を開いてみる、という習慣はいいことだ!
と、しきりにほめてくださいました
(たぶん、ちょっと一杯入ってた?)。

きのうは、ホームスクーラー・チャーチスクーラーの小さな集まりに行ってきました。
そこで、古い古い友だちに再会して、びっくり!

小さな子もおにいちゃんおねえちゃんも、
それぞれの勉強道具を持って、短い時間でしたが、いっしょに机に向かいました。
かずおくんは、それに大いに触発されて、
「ル」と「ホ」を、漢字練習帳いっぱいに書きました。

30分ほどみんなで勉強してから、体育館へ移動。
1時間、体育をしました。
そのあと、みんなでお弁当を食べてから、
庭で、かずおくんは初めての「どろけい」をやりました。

いろんな「はじめて」がたくさんあって、
学ぶ楽しさにも、ちょっと火がついて、
いっぱい遊んで、楽しい一日でした。




帰ったら、わたしの食の師匠が、
むすめさんを、若くして、天国へ見送られた報告のお便りが届いていました。

・・・・

人生は予期せぬことに出会いしが 主を仰ぎつつ 歌いてすすまん

この世において、娘の病は癒されませんでしたが、
主は彼女を病から解放してくださいました。
彼女の病を通して、改めて神の愛をあふれるほどにいただくことができました。
皆様のお祈りを心から感謝いたします。

娘を嫁がせて5年。
お互いの忙しさのゆえに会うことも少なく、
元気いっぱいはつらつと過ごしているものと安心しきっていました。
闘病中の娘の
「もっと早く、いろいろ聞いておけばよかった。
わたしは、体や命について、食について、なにもわかっていなかった」という言葉を聞いて、
伝えていたつもりでも、なにも伝わっていなかったことに気がつきました。

「現代の子どもたちは早死にする」
「41歳寿命説」と言われていましたように、
添加物・電磁波の時代に育った娘も、まさにそのひとりとなってしまいました。

子どもを先に送るような切ない思いをすることのないように、
幼子が親を亡くし、悲しい思いをすることがないように。

・・・・


わたしが最近、体調をくずしていたこと、
地震が起きて感じたこと、
そして、みんなで祈っていた方の死を通して、
わたしも、こころを新たにさせられています。

元気なうちに、いのちあるうちに。
ともに食卓を囲み、笑い、語り合う。
勇気をもって、大切なことを、伝え続ける。

ときがよくても、わるくても。


みなさん、愛してくださって、心配してくださって、ありがとう。
みんな、お互いに思いあって生きています。


よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2011-04-28 05:12 | ■子ども | Comments(1)

天災はとめられへん  けど原発はとめられる

とあるブログで見つけました。

関西のおばちゃんたちが、わかりやすく会話している文章です。
ちょっと長いですが、読んでみてください。

祈りつつ、できることをしていかなければ。



http://stop-genpatsu.up.seesaa.net/image/stop-g.pdf

自由に複写して、どんどん利用してくださいと書かれています。
このおばちゃんたちを、いろんなところで、ぜひご紹介ください。
[PR]
by les-copain | 2011-04-25 06:05 | お知らせ | Comments(2)

大地の詩 -留岡幸助物語-

わたしたちが去年北海道へ行ったころは、
まだこの映画の撮影が行われていました。

どうなったかな?と思っていたら、
もう上映されていて、5月6日までロードショー中でした!

牧師であり、服役者たちの更生のために尽力し、
家庭の大切さを説き、「北海道家庭学校」を創設した人だそうです。

ぜひホームページをごらんくださり、
応援してくださいませ。

大地の詩 -留岡幸助物語-

監督: 山田火砂子
キャスト: 村上弘明 工藤夕貴 ほか


http://www.gendaipro.com/tomeoka/
[PR]
by les-copain | 2011-04-24 05:57 | お知らせ | Comments(0)

おかあさん

a0028049_511480.jpg
庭のえんどう豆のウスイさんが、豆をつけ始めました。
(プランターから畑に植え替えるのを怠ってました)

どうなったら収穫していいのかよくわからず、
まだ絹さやのような、かわいいのを、いくつか取ってきて、ゆでて食べました。

あまくて、おいしいね!

でも、調べてみたら、中のお豆がもっともっと大きくなって、
豆を食べるのがメインなようです。
そうだよ、だって、えんどう豆のウスイさんだものね~。

いま、庭は、生活団の5才児組最初の種まき、ひまわりと、
絹さや、春菊、かぶ、にら、
大家さんにいただいたモロヘイヤと冬瓜、などなどの種をまいたプランターたちが、
ところせましと置いてあります。
かわいい芽がたくさん出てきています。
ちゃんと畑に植えかえてあげないとね。



きのうはひさしぶりに、いっしょにお料理をしました。
おもちゃで遊ぶほうが楽しいから、もうこのまま興味がなくなっていくのかな?と思っていたら、
わたしがしっかりと座って、かずおくんとおもちゃで遊ぶ時間を作ったら、
携帯のアラームが鳴って、わたしが台所へ立ち上がると、そのままいっしょにお料理になりました。

腕や指の力がだいぶついてきて、
きのうはかぼちゃもひとりで切れました。
炒め煮用のにんじん、だいこんの千切り(わたしがスライスしてから)、
油揚げの短冊切りも、かなりの量を、最後までひとりで切りとおしました。

かずおくんが切ってくれているあいだ、
わたしはとなりで洗い物。
ああ、かあさんはしあわせだなあ。

かずおくんが大さじを持って、わたしが調味料を注いで、入れてくれました。
ちょっと前は、大さじがどうしても傾いてしまって、きちんと入れられなかったのに。

ちょっとずつできることが増えて、自信につながっていく。

かずおくんは、お料理するおとうさんになるねえ、みんな助かるねえ、と言うと、

かずおくんは、おかあさんになりたいなあ。
あかちゃんをうむ、おかあさん。

・・・・・。

およめさんがきて、かずおくんといっしょに、おとうさんおかあさんになるじゅんびができたら、
あかちゃんをまつんだよね?
とうちゃんとかあちゃん(わたしたちのこと)にもあかちゃんくるように、
おいのりしようねえ。

赤ちゃんがほしい思いは、ほんもののようです。

夕飯を食べながら、おしゃべりの止まらないかずおくん。
なにをどう切って、調味料はなにを大さじ何杯入れたか、正確に説明していました。

静かに座っていられないことも、おもちゃを貸せないこともある。
きのうできても、きょうはやりたくないこともある。

でも、そんなの、かあさんだって同じだよ(かあさんのほうがヒドイ)。

わたしたちはみんな、神さまの子ども。
なにも心配いらないね。



a0028049_511494.jpg
ことみちゃんみたいに、ふたつ、しばって!
いたくても、がまんするから~!

a0028049_511473.jpg
ばあちゃんを看ながら、とうさんが仮眠するための、寝袋に入ってみた。



子どもたちが安心して子育てできる未来を。


イエスさまは十字架を背負って苦しまれ、
よみがえられました。

きょうは、復活の日です。
わたしも、毎日が再出発。

イエスさま、新しいいのちをありがとう!

みなさん、よい日曜日を!
[PR]
by les-copain | 2011-04-24 05:11 | ■子ども | Comments(1)

韓国ハンドン大学より


またまた、愛する渡辺家のホームページより転載です。

韓国ハンドン大学より、あたたかいメッセージ。

http://www.youtube.com/watch?v=U61_r6QIMsc


ありがとう!
[PR]
by les-copain | 2011-04-24 05:04 | お知らせ | Comments(1)

楽しみにする

a0028049_4543162.jpg
夜のお祈り会、ふざけないで、最後までいられたら、
とうさんの「ぴょん」のごほうびがあります。
いままで3回でしたが、4才になったから、4回!というリクエストに応えて、
とうさん、毎日がんばって、15キロのかたまりを、空中へ放り投げてます。

何才まで、ぴょんして!って言うかな。
何才まで続けられるかな(5才になったら、5回??)。

きのうは、

午前~お昼  美人姉妹
午後~    渡辺家の5人・まりちゃんとふたりの子どもたち
夕方~    近くの高校に通い始めたAくん

と、入れ替わり立ち代わり、たくさんの人が、堀井家を訪ねてくれました。

訪ねてくれる人がいるって、うれしいことだなあ。


わたしはずっと、
「わたしと仲良くなりたいと思う人なんていない」
と思っていました。
いまはあまりそんなふうに思うことはないけど。

きのうは、渡辺家の子どもたちが、うちに来るのを楽しみにしていたとか、
みんなが、どれほどわたしのことを好きでいてくれるかを、伝えてくれました。

美人姉妹も、先日、わが家の存在で、どれほど心ほぐされてきたか、と伝えてくれました。

まりちゃんも、いっぱい、ありがとうを伝えてくれて、帰りました。

Aくんは、ベースギターをえいさんに習いに来たのですが、
帰宅するなり、「めっさ、やさしい人だった!」と言っていたそうです!
やったね、えいさん!

おじさん、おばさんになるっていうのも、ぜんぜん悪くない!と思います。
まだまだカドカドだらけ、ほめるより自分がほめられたい、
未熟者なんですけれどもね。

閉ざした心を開いてもらってきたのは、こちらのほうです。
たくさんの人たちが、そうやって愛を伝え続けてくれたから。
みんなみんな、神さまからの贈り物です。

Aくんは、わたしたちがいまの家を選んだときからの、
祈りの応えのような気がしています。
えいさんとふたりで、「あの高校の生徒が、
とうとうわが家に来てくれたね」、と話しました。

さあ、とにかく、階下の店舗スペースを開けなくちゃ!
高校生がギター弾いてたり、
だれかがなにかを作ってたり、ごはん食べてたり、
赤ちゃんとママたちがまったりしてたり、
コンサートしたり、バザーしたり、ギャラリーしたり・・・。

地震はまだまだ続いています。
原発もなにも解決していません。

ここにいられるわたしが、
夢を見ることを忘れてはいけない。

みんなからの大好きをもらって、
体調も順調に回復していて
(みなさん、ご心配おかけしています。
なかなか説明がむずかしく、まだ書くには至っていませんが、そのうち、きっと。)、

わが家のとびらの開く日も近そうです!


みなさん、よい一日のはじまりです!
[PR]
by les-copain | 2011-04-23 04:54 | ■ケータイ写真館 | Comments(3)

子どもを尊敬する

a0028049_4252171.jpg
いいネタ、入ってますよ~。

うんこずしで~す!(お食事中の方、ごめんなさいね)

ご多分にもれず、下ネタがツボ中のツボ。
男子街道をまっしぐらです(男子の専売特許じゃないか?)。

教えないのに、大好きなもの、
乗り物、そして、うんこ。

赤ちゃんのときは、出てくるだけで、あんなによろこばれていたのに、
だんだん口に出すこともはばかられるようになる、うんこ。

自分から出てくるものを、もっと愛しましょう。

a0028049_4264345.jpg
きょうは、最初の2回、残念ながら出席できなかった、Joy clubに、
初めて参加してきます。
今回は、お友だちのjujuちゃん宅。

聖書に基づいて書かれた、このテキストを使って、
クリスチャン・ノンクリスチャンのママたちが、
赤裸々に語り合い、それぞれの課題に取り組みます。

きょうの宿題は、レッスン2「子どもを尊敬する」を読んで、

① このレッスンから得た新しい考え方や、教えられたことはなんですか?

② 普段、自分が「子どもを尊敬する」ことにおいて、
失敗していること、自分が変わりたいと感じた言動はありますか?

もうもう、枚挙にいとまがありませんです。

かずおくんは、ときどき、だまってじっとわたしを見て、

おかあちゃん、そんなことできて、すごいな~って、おもってるところ。

と教えてくれます。

わたしの目の前におかれた、このいのち。
いのちに目を向けるとき、それはただただ、すごい!もの。
神さまの、まさに神業によってしかありえないもの。

神さまの似姿に造られた、最高傑作。
完璧なフォルム。

かずおくんといっしょに行く予定でしたが、
わたしもみなさんも、遠慮しないで話せたほうがいいかと思い、
急遽、お留守番になりました。

もう10年ほど前、友人たちが、このテキストを作りました。
後ろのクレジットを見ると、よく知った人たちの名前ばかりです。

おかあさんになることをゆるされて、
やっとやっと、わたしもこのテキストを使えるようになりました。
ほんとうにすばらしいお仕事をしてくれて、
改めて、ありがとう、と、お伝えしたいです。

『見つけた 子育てのよろこび』

バーバラ・バウマン、龍野さおり 共著
ファミリー・フォーラム・ジャパン 発行
[PR]
by les-copain | 2011-04-21 04:25 | ■子ども | Comments(2)