<   2010年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

行ってきま~す

a0028049_373764.jpg
今朝も、5時出発です!
きょうは、群馬県の渋川にある、あけぼのコミュニティ教会へ。
礼拝中でのコンサートです。

イスラエル帰りのまいちゃんも同行。

お友だちのイラストレーター&作家、みなみななみちゃんの大傑作『すごいぞ! イスラエル』が、
おもしろくて大好きなのですが、
何年か、イスラエル人と生活をともにして、もまれてきたまいちゃんの生の話は、
ななみちゃんの本の裏づけというか、
本には書けない、ほんとにすごいわ、イスラエル・・・と、
口がぽかんと開いてしまうことばかり・・・!

その中に、何度も飛び込んでいくまいちゃん、あんたって・・・。

まいちゃん、かなりおつかれではありますが、
道中、おもしろい話がいっぱい聞けることはまちがいなしでしょう。

きのうの結婚式、台風の中、たくさんの人が集まりました。
かずおくんも、眠かったのに、朝からがんばって支度し、
雨の中も、傘を差して歩きました。

かずおくんは、教会のなじみのお友だちや、新しい人たち、
式場となったレストランのバーテンさんや、イタリヤ人のウェイターさんたち、
たくさんの人たちとなかよくなって、
ちゃっかり写真に写ったり、食べさせてもらったり、
空想話を聞かせたり、歌ったり踊ったりして、
それはそれは、自由に楽しくすごしました。

わたしも、こういうのもなんですが、ひさしぶりに出番もなく(責任もなく)、
人さまのうたを聞かせていただき、ただ食べたり飲んだりして、楽しませていただきました。

結婚式はいつも、初心に帰らせていただける、すばらしい機会です。
すべてのことは、「させていただいている」ことなのだなあ、と、
あらためて、神さまに感謝しました。

なんの資格もないのに、させていただいています。
なんの資格もないのに、させていただけるほど、神さまに愛されている、ほりいしょうこさん。
おめでとう、祝福された人!

帰ったら、えいさんは、わたしがやりきれなかった洗濯物干し、掃除機がけをして、
ラム肉のカレーを作って待っていてくれて、
しかも、なんと、ホロから、おいしいパンが届いていて!

つかれて具合の悪かったまいちゃんも、食べて元気づきました。


食べて、食べて、わたしもしあわせな一日でした。
食べることは、楽しいことなのよ。
ちょっと休んだら、いっぱい動こう。
いっしょうけんめい、生きよう。


Kitchen and smile is my mission.
(この場合、"are" でしたっけ? もう忘れちゃった!)


みなさん、よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2010-10-31 03:07 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

励んでます

a0028049_2214314.jpg
幼児生活団の通信を始めてから、楽しく、いろいろなことに挑戦しています。
いろいろな「はげみひょう」とシール、なぜそれをするかがわかりやすく書かれた手作り絵本が贈られてきます。
すでにやってきたことは、確実に習慣になり、
また、工夫して、やりとげることの楽しさがわかってきて、
毎日は楽しくできる、という自信が、親子ともどもついてきたように感じています。

れいすいまさつに備えて、いま励んでいる、「てぬぐいしぼり」と「かおふき」。
ゆうべは、おとうちゃんとやりました。
かおふきは、鏡に、手順の書かれた絵が貼ってあって、それを確認しながらやります。
やりかたを、おとうちゃんにも教えてあげます。
最後は、絵の男の子のとおり、「すっかりきれいなかおになりました」の顔をまねして、ポーズ。
6日分の窓が描かれたはげみひょうに、かおふきができたら、ひとり、子どもを貼ってあげます。

いよいよ来たか、という課題が、「ひとりね」。
ひとりねが習慣のおたくもたくさんあると思いますが、
わが家は毎日、ふとんにいっしょに入って、絵本を読んでから、だっこして、いっしょに寝ています。
ひとりでお泊りできるように、いろいろなことを練習する、とはりきっているところではありますが、
これは時間がかかりそうだなあ。

住宅事情にもより、もうしばらくはいっしょに寝ることは確かなのですが、
自分で支度して、ひとりでふとんに入ることは、そろそろ始めていいと思うので、
無理せず、ちょっとずつ背伸びして、家族で取り組んでみようと思います。
わたしのほうが、ちょっとさびしくも感じている、わたしへの課題です。

台風が来るらしいですが、きょう、わたしとかずおくんは、
母教会のかわいいカップルの結婚式に参列してきます。
いちばんよいことをしてくださる神さま、あなたにすべてを期待します。
ふたりの門出を、あなたがいちばんよろこんでおられるのですから。

夕方は、今晩、あした、と、友だちも泊まりに来ます。
あしたは、群馬県の渋川でコパンのコンサートがあります。
美人姉妹+その友だちと、合計6人でおじゃまします。

いつも若いおじょうさんたちといっしょで、わたしはラッキーだこと!
いっぱい刺激をいただいています。

雨雲の向こうは、太陽です。ハレルヤ!
みなさん、きょうもよい一日を!
[PR]
by les-copain | 2010-10-30 02:21 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

晴れた午後

a0028049_6401765.jpg
きのうからまたお天気がくずれるということだったので、
おとといは、お弁当を持って、ちょっと離れた岩槻城址公園に行きました。
さすがにお天気がいいと、人も多め。
ひなたのベンチは空いていなかったので、
人工川のわきの、大きな石に座って、お弁当を食べました。

これがよかった。

向こう岸を、かもたちが連なって歩いてきて、次々と川に入り、
藻(やら、ついている虫や魚やら?)を食べる様子を観察しました。
どんどんわたしたちのほうへ移動してきて、さすがにまん前まで来たら、一度向こう岸に上がり、
通り過ぎてから、また入ってお食事。
かわいいなあ。

城址公園には、飛んでくる野鳥を撮影するおじさんたちがよくいるのですが、
この日は、絶好の撮影日和。
少し向こうに、たくさんのおじさんたちが三脚を立てて、息を潜めています。
カメラの先には、背中が青くきれいに光った、かわせみが一羽。
あちらもカメラ慣れしているのか、岩の上にじっとしています。

次に、わたしたちの目の前の岩の上に、かわせみが飛んできました!
そして、おじさんたちが、わらわらと、わたしたちのまわりに移動。

「弁当に魚、入ってない? 食われちゃうよ!」と、笑いながら、ひとりのおじさん。

へ~、そんなことあるの?と思って見ていると、
かわせみが、突然川にダイビング。
めだかかなにか、魚を1匹くわえて、出てきました。
魚を岩にたたきつけて、とどめの一発。
おいしそうに飲み込みました。

かずおくんと顔を見合わせて、小さな声で、よろこびました。
すごいとこ、見れたね!

同じことをもう一度見せてくれてから、また少し先の岩へ飛んでいって、
おじさんたちも、カメラをかかえて、ごっそり移動。
シートをひいて、お弁当を食べはじめたママと子どもたちは、なにごとかと思ったでしょうね。
どっきりカメラみたいでおもしろかった。

そのあと、北海道でばっちり蓄えた脂肪を燃やすべく、
かずおくんや、そこにいた男の子たちと、いっしょうけんめい遊びました。

楽しい午後でした。

a0028049_6401730.jpg
きのうは、大雨の中、美人姉妹といっしょに、
車で、サンライズカフェというところに行ってきました。
宣教師が始めて、ライブやギャラリー、その他いろいろな文化活動に使われています。
まったく別々のふたりの方々から、あそこでコパン、なにかやったらいいんじゃない?と、オススメがあったので、
見学を兼ねて、ランチをいただいてきました。

どうなるかわかりませんが、わくわくがいっぱいです。

きのうは寒くて、思わずストーブを出してしまいました。
幼児生活団の通信の課題、いよいよ「れいすいまさつ」を始めます。
かずおくんは、ただいま、れいすいまさつに備えて、てぬぐいしぼりに励み中。
わたしも体温低めなので、いっしょに励もうと思います。

そうそう、スカイプができるように、パソコン設定してもらったんです。
まだ使ってはいないのですが、わたしまでこんなことができるようになるなんて、すごい時代が来たものです。
わたしがニュージーランドに行っていたころは、家庭にファクスすらなくて、
コレクトコールもとても高かったので、やっぱり手紙が連絡の手段でしたからねえ。
安否を確認する手段すらなかった時代のほうが、ずっとずっと長かったわけで。


祝福されたみなさん、おめでとうございます!
よい一日をお過ごしくださいね~。
[PR]
by les-copain | 2010-10-29 06:40 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

健康は手作りの食卓から~東城百合子講演会

a0028049_4761.jpg
お友だちのかおるちゃんに誘ってもらって、ふたつ返事で行ってきました。
10年前、神さまから甲状腺がんをいただいたときに出会った本、『自然療法』。
ご著者の東城百合子先生のお話を、そういえば、お元気なうちに生でお聴きしたい!と、
ずっと心のかたすみで思っていたのでした。

会場はいっぱいで、ロビーの展示物まわりや書籍販売コーナーは大盛況。
わたしも、1冊の食育本を買いました。

ちょうどその日が85才のお誕生日という東城先生。
杖をついて出てこられましたが、お話を始められたら、
それはそれはもう、するどい切れ味。
赤ちゃん~若いころの事故や病歴を考えれば、母がいまあることすら奇跡なのだ、と、
息子さんがおっしゃっていました。

わたしも、ことあるごとにこの本を紐解き、実践、
祈りつつ、家族、ことなきを得ることが多いです。
(ミキ食品に通じるので、代用できることも感謝!)

講演会そのものは、先生も冒頭でおっしゃったとおり、
なにをどう食べるかといった講義ではなく、
先生が自然からなにをどう教わり、それをどう生きてこられたかが語られ、
これからのわたしたちは、どうやって生きていったらよいかを、ともに気づかせていただくものでした。


a0028049_47628.jpg
心に残ったことを、いくつか箇条書きにします。

● 「女性に生まれてよかった」と思えない人が多い。女性で損した、つまらない、と思わせる社会を危惧する。男女同権ではあるが、使命がちがうことをはっきりさせること。

● ○○○を食べてはならない、のではなく、○○○とはそういうものである、ということ。

● あれがだめ、これがだめ、と切り捨てないこと。心がなくなり、人間関係も切ってしまう。
(お姑さんがお菓子をあげて困る、白砂糖の問題について)子どもが少しくらいお菓子を食べ過ぎても、走り回って使い切ってしまうから、残らない。
(「むしろ、じっとして動かず考え、食べてばかりいる人が問題。」と、小冊子にありました。どきっ!)

● 病気を治すためではなく、おいしく、感動していただく。

● 生きることは、食べること、そうじ、洗濯すること。
体・手・足を使って、工夫して、道を開いていくもの。
自分でできることを自分でできる子どもに。

● 自分でできることをさせてもらえなかったから、親をうらんでいる人がたくさんいる。

● まちがえてしまった過去も、いただいたもの。いのちはいただきもの。
自分のことも、人のことも、責めることはいらない。
親も子も苦労しながら、マイナスをプラスに変えて、成長していく→「マイナス」はない。

● 自分の人生をどう生きるのか。それが次の世代をつくる。


ミキとも友の会とも、カラーはちがいますが、
愛・相通じるところがあり、わたしの中の、いろいろなことがつながりました。

すべてのいのちをくださる神さま、ありがとう。
かおるちゃん、いつも声をかけてくれて、ほんとうにありがとうね!


会が終わったあと、うしろをふりかえると、
先日、友の会の公開乳幼児の集まりに飛び入りされた方が!
まわりがぱっと明るくなるような、とてもすてきな雰囲気を持った方で、
最後にほんのひとこと交わしただけでしたが、またお会いできたらいいな、と思っていたのです。
思わずまたお声をかけたら、名刺と、主催されているイベントのチラシをくださいました。
なんとネイルアーティストを育てる学校を主催されている方でした。

HPを見ると、わたしがやりたいことを、すでにたくさんされていて
(わたしがこういうことを言うと、
わたしはわたしなりに、もうすでにやっていることで、ほかの人になる必要はない、と、えいさんに言われます。
まあ、それはそれとして、すてき!なことにアンテナが立つのは、みんなでしょう。)
これまたびっくり!
これはなんでしょう、神さま?

浦和近辺のみなさま、11月3日(祝)、なんだか楽しそうなことがありますよ。
わたしは午前中、行ってみたいと思っています。
詳しくは、彼女のHP、http://nailschool-orangeblossom.com/item/lopeをチェックしてみてください。
[PR]
by les-copain | 2010-10-28 04:07 | | Comments(1)

きょうのわたしに

a0028049_10181025.jpg
おはようございます!

毎日お出かけの方には当たり前のことなのですが、
きょうを楽しむために、まず身支度しました。
できてよかった〜。

先日の服ダンシャリで出てきた服も着てみました。

よっぽどのご計画で、わたしがわたしなのです。
きょうもこのわたしで、生きていきます。
きょうのわたしに、おめでとう!

神さま、みなさま、よろしくお願いします!

ひさしぶりの晴れ間です。
公園に行ってきま〜す。

よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2010-10-27 10:18 | ■コパンの旅 | Comments(0)

みことば習字コンクール&ホームスクーラーなんでも発表会withコパン

月曜日に行われた、ホームスクーラーのお祭り、
コパンは、美人姉妹とともに、演奏と、発表会の舞台全般のお手伝いで、行ってきました。
美人姉妹・妹のミニギャラリーも開設。

いやあ、すごかった!
楽しかった!

いろいろ書きたいのですが、ちょっとパソコンの調子も悪く、
いま時間がないので、参加者のふたりだけご紹介。

a0028049_6391524.jpg
腹話術コンビ「ひかり&レジー」です。
若干9才にして、堂々たるパフォーマンスを披露してくれました。

a0028049_6391590.jpg
[PR]
by les-copain | 2010-10-27 06:39 | ホームスクーリング | Comments(1)

お詫び

きのうのライフラインの集いは、14時からではなく、
午前の礼拝の誤りでした。

もしも、午後、足を運んでくださった方がいらっしゃいましたら、
深く深くお詫び申し上げます。

どうかおゆるしください。
[PR]
by les-copain | 2010-10-25 05:42 | ■コパンの旅 | Comments(0)

出発!

a0028049_5423723.jpg
きょうのイベントは、川崎市。
9時入りなので、渋滞を見込んで、
寝ているかずおくんを抱えて、まだ暗いうちに家を出ました。
こういうの、けっこう好きです。

わたしは、とにかくよく、ペンとノートをなくします。
ということは、TO DOリストもよくなくなって、
し忘れ・買い忘れが多くなる。

それから、家計簿が続かなくなる理由の大きなもののひとつが、
レシートの出なかった買い物。
記憶に頼っていると、すぐにわからなくなって、つけるのが面倒になります。

というわけで、財布に入るくらいの、小さなノートとボールペンを購入。
えいさんは携帯に記録しているそうで、あとで、その手があったか!と思いましたが、
わたしにはきっと、手で書く方式のほうが合っているのではないかと思います。

さて、このちびちゃんたち、わたしの救世主となるか?


大雨も、いまのところ止んでいます。
行ってきます!

みなさん、よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2010-10-25 05:42 | ■コパンの旅 | Comments(1)

おはようございます!

a0028049_5491686.jpg
チソンを見習って、たまには、わたくしめの写真を。
今朝いちばんの、いいおかおです。


きのうは、浦和で「ライフライン」の集いでした。
コパンも40分歌いました。
お知らせできる人がたくさんいたのに!と、コンサートの中で思い・・・遅すぎる!

なるべくスケジュールを、できるかぎり早めに、お知らせしようと思います。
ぜひ会いに来てくださ~い!

詳しい時間がなくて、ごめんなさい。
またアップしますね。

きょう、10月24日(日) は、日基/赤羽教会「ライフ・ラインのつどい」14時~

あした、10月25日(月)は、 なんでも発表会(川崎ミューザ)みことば習字,絵画コンクール、美人姉妹のミニ作品展もあります。


10月31日(日) あけぼのコミュニティ教会(渋川)

11月 7日(日) 福伝/倉松キリスト教会

11月27日(土) ホーリネス/茂原キリスト教会

12月5日(日)聖協団/習志野教会

12月 7日(火)  久遠キリスト教会・サフラン会

12月11日(土) JECA/西上尾福音教会「ライフ・ラインのつどい」

12月12日(日) 浦和キリスト集会・コーヒーアワー

12月18日(土)  浦和友の会・子どもクリスマス会

12月19日(日)  福伝/西日暮里キリスト教会

12月24日(金)  羽田ハンナ教会


祝福されたみなさん、おめでとう!
よい一日をおすごしください。
[PR]
by les-copain | 2010-10-24 05:49 | お知らせ | Comments(1)

札幌その4

a0028049_5301344.jpg
今回は、滞在が短かったのですが、
前回たいへんお世話になった「みくに園」に、
2日間、また入れていただくことができました。

えいさんとの六花亭デートが実現したのは、そういうわけでした~。
隠していたわけじゃないけど、あとでうっかり携帯の写真データを見せて、
かずおくんに、「食べ屋さんに行ったの?」と聞かれてしまいました。
行きたい行きたいとは言わなかったので、ほっとしました。

前回より男の子がふたり増え、しかも発表会前のたいへんなときでしたが、
11時~2時でもよければ、ということで、受け入れていただきました。
11時までに、みんなの練習を終わらせてくださったのです。
かずおくん、みくに園をとても楽しみにしていたので、ほんとうにうれしかったです。

たった3ヶ月のあいだにも、子どもたちは大きくなっています!
コパンの「Better than One」という曲を、振りつきで発表するそうです。
披露してもらって、感激で、しょうこちゃん、涙が出ましたですよ。

女の子たちが、押し寄せて大歓迎してくれたので、びっくりして泣きべそになったかずおくん。
でも、今回はすんなりバイバイして、みんなの輪の中に入っていきました。

最後の日、迎えに行ったときは、
旅の疲れや、もっと遊んでいたい気持ちで、
腹いせに、みんなで作ったダンボールのバスを壊していました。

止めに入ろうかとも思ったのですが、「どうしましょう?」と、ゆうこりん(先生)にお任せしました。

「もう少し様子を見ます。」としばらく観察し、
さらにエスカレートしたときに、ゆうこりんはあわてるふうもなく、座って、かずおくんに話しかけました。

「これは、みんなのものだよ。壊したら、イエスさまが悲しむよ。」
「いいじゃん!」(親、びっくり!)
「イエスさまを悲しませる悪い手、ぱちんしてもいいかい?」
「いやだ、いやだ!」

こんなやりとりがあって、最終的にかずおくんは破壊行為を止め、
テープでバスを直すのを手伝いました。

7人兄弟の中に入ったときも、いちばん下の子が、かずおくんの遊んでいたおもちゃに手を出そうとするのを、
手を振り払って、だめだめ!と言ったり、
階段の上までついてこようとするのを、来るなと言って、足で蹴ろうとしたり。

そうかと思えば、その子の洋服をまくって、おなかにチューしたりして、
かわいがってもみたり。

だいじょうぶなんだろうか?と、つい思ってしまう場面に、いくつか遭遇しましたが、
自分のことを思い出せば、かずおくんなんか比べ物にならないほどの暴君でしたからねえ。
自分の気持ちの表し方、対処の仕方がストレートで、よくわからないだけで、
まわりに、理解してくれて、寛容さをもって導いてくれる人のいるところでは、
なにも問題がないのだと思いました。

だから、わたしも、もっとゆったり構えようと思います。
わたしだって、なんとかここまでは、人間にしていただけたのだもの。
かずおくんは、だいじょうぶ。

「子育て、楽しんでる?」と、最後にゆうこりんに聞かれ、ちょっと答えに躊躇してしまいました。
細かいことに目くじらを立て、かずおくんに、このところいつもいつも、「わらって! わらって!」と言われていたので。

そのあと、教会に置かれていたトラクト(配布用の小さな印刷物)を、なにげなく手にとって読みました。


●『こんにちは、チソン』(イ・チソン著)

大学生だった彼女は、不慮の交通事故で、全身に大やけどを負い、
美しい顔や、指先を失ってしまいました。

いっそ死んでしまえばよかったと思うこともありました。
自分の顔を、極力見ないようにしていた。
でも、この顔で生きていかなければならないのだから、と、意を決して、
あるとき、鏡の自分に手を振り、こう話しかけました。

「こんにちは、イ・チソン!」

すると、鏡の中のチソンも、「チソン、愛しているわ。」とあいさつを返しました。

少しずつ、新しい自分を受け入れていくようになった彼女は、
事故に遭って、少し不便にはなったけれど、いま、自分は前よりしあわせ、
前より楽しいと言います。
外から見えるものは失われたけれど、神さまから、
目に見えない宝物=神さまの豊かな愛と、ゆるぎない平安、をいただいたからだそうです。
以前の姿にはもどりたくないそうです。



彼女の存在は知っていましたが、このトラクトを改めて手に取ることができたのは、
ほんとうに神さまの導きだったと思います。

彼女自身の苦しみはもちろん、想像を絶するものだと思いますが、
車に同乗していた、彼女のおにいさん。
そして彼女のご両親。
彼らの苦しみは、いかばかりだったことでしょう。
そして、たとえ姿は変わり果てても、
ただ、生きていてくれてよかった、と感じておられるにちがいありません。

外側も大切なものです。
でも、わたしはなんと外側の、目に見えるものにとらわれて、
大事なものを見失っていたのでしょうか。

ただ、生きていてよかった。生きていてくれてよかった。
このことを思い出させていただきました。

チソンを生かしてくださった神さま、ありがとう。

そうしたら、わたしの子育て、楽しいです!と、また言えるようになりました。
このトラクトは、折に触れて読み返すために、肌身離さず持ち歩こうと思います。


帰りの船が、大揺れに揺れて、
しようと思っていた作業ができなかったので、
ちょっと遅くなりましたが、旅のご報告でした。
みなさん、お祈り、ありがとうございました!

きょう、あした、あさってと、コパンはお仕事です。

みなさん、きょうもおめでたくまいりましょう!
よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2010-10-23 05:30 | ■コパンの旅 | Comments(0)