<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今年も

a0028049_443070.jpg

いつもの農園から、梅干し用の青梅が届きました。
無農薬の南高梅です。
でも我が家の梅干しはまだあるので(これがなかなか減らない)、
お友だちに仕込みを頼まれた分です。

部屋中に、梅のさわやかな香りが広がっています。

ヘタ取りから、かずおくんに手伝ってもらおうと思ったけど、
傷がつくと仕上がりに影響するので、
その作業だけはひとりでやることにします。

きょうは雨降り。
外に出られない日にはもってこいのイベントです。
おいしくできますように。


1匹の蚊に悩まされた夜でした!
3人いると、真っ先にわたしが餌食になるようです。
[PR]
by les-copain | 2009-06-30 04:04 | ■コパンの旅 | Comments(0)

先手仕事

a0028049_617245.jpg


早朝散歩の目的のひとつは、
おなかをすかせて、朝食を食べようということなのですが、
帰り着いてからもたもた準備をしていると、
早く食べたい!とぐずらせてしまう原因になります。
せっかく機嫌よかったのに~、ということにならないように、
出かける前にテーブルセッティングをすることにしました。

食器類を並べておく、
朝食べるものを、冷蔵庫から出して、室温にしておく、
水を汲んで、テーブルに置く、などなど。

ここまでできていると、みんなの気持ちがとてもよいです。
いま、昼食、夕食も、同じようにできるように、
食事と寝る時間を中心に、
家事の先取り仕事を心がけるようになりました。

そういうことを、自然にやってきた方もたくさんいらっしゃると思いますが、
わたしは、友の会でこれを教えていただきました。
羽仁もと子という人は、ほんとうに偉業を成した人だと思います。

明治から昭和の、激動のこの日本で、
おかあさんたちが生き生きするために、
生きることが楽しくなるように、
子どもたちが、家庭の中で、よく育つように、
そういう子どもたちを世に送り出すために、
生涯をかけた人。


よく教育するとは、よく生活すること。
子どもをよく観察し、ほんとうに望むところを知り、
その心に寄り添うこと。
そのために、環境を整えること。


そういう人に出会えて、
その人の愛して止まないキリストに出会えて、

この世に生まれて、たくさんの愛に囲まれて、

筋金入りのナマケモノを動かしてくれるかずおくんに出会えて、

いっしょにひとりの小さなたましいをかわいがるパートナーに出会えて、


しあわせだ!



きょうは、そのパートナー、えいさんのお誕生日です!
[PR]
by les-copain | 2009-06-29 06:17 | ■コパンの旅 | Comments(5)

早朝散歩

a0028049_6491839.jpg

朝、おひさまの光を浴びるため、
おなかをすかせるため、運動のため、
1日を気持ちよくすごすため、
家族の時間として、


早朝散歩始めました。
さいわい、晴れた朝が続いています。
[PR]
by les-copain | 2009-06-27 06:49 | ■コパンの旅 | Comments(3)

プルーンが1センチ残ったら

a0028049_8443722.jpg大根の角切りを入れて、大根あめ。
咳・声・のどに、プルーン大根あめです。


a0028049_8443719.jpg大根は固いので、
細い棒状にまでは、わたしが切りました。
あとは、全部かずおくんです。
ビンいっぱいに大根を詰めます。


a0028049_8443780.jpgふたを閉めて、しばらくひっくり返すと、
プルーンエキスが全体に行き渡ります。
30分もすれば、大根のジュースとプルーンが混ざり合って、
おいしいジュースのできあがり。
カリカリの大根も大好物。
我が家の常備品です。
[PR]
by les-copain | 2009-06-26 08:44 | ■コパンの旅 | Comments(2)

男子力

a0028049_220778.jpg行動、表情、特にふざけかたに、
「男子力」全開です。

とにかくよく動く。
突拍子もないことを思いつく。
からだを張ったギャグ。
なにかしでかしてやろう、
とうさんかあさんを笑わしてやろう、と常に考えている。

わたしも、以前はめちゃくちゃふざけていたんだけどなあ。
ユーモアがさびていることを感じていたきょうこのごろ。
息子に触発されて、ふたたび開花するか。

ダンスィリョク。
負けないぞ。



きのうの抜粋文、
長すぎるよ、とえいさんからのご指摘。
わたしもそうは思っていたんです。


要するに、

ある郵便局員さんは、毎日のスタンプ押しの単純作業がいやでたまらなく、
仕事のミスも多かった。

あるとき、同窓会で、仕事内容はちがうけれど、
同じ郵便局員で出世している人のスピーチを聴いた。

お客様に郵便物が届くまでに、
きれいにスタンプが押され、仕分けされ、配達されるための、
たくさんの小さな仕事がなされている。
このひとつひとつの小さな作業がなければ、
郵便という大事業はありえない。

これを聴いて、先の郵便局員さんは、
はじめて、自分の仕事が、
大きな仕事の中の大事な一端を担っていることに思いが及んで、
丁寧な仕事をするようになった。
そして、何人かの部下を持ち、
同窓会で聴いたスピーチでいかに自分が変えられたかを伝える人になった。

この話から、羽仁もと子さんは、
「主はぶどうの木、わたしはその枝です。」という聖句を思い出した。
わたしたちの毎日の営みが、幹に連なっているならば、
いのちが通い、多くの実を結ぶのだ。
連ならなければ、日々の所用は、ただの雑事で、
人生はそれに追われ、枯れるだけのものである。

といったようなことでした。

わたしのいのちは、ちゃんと幹に連なっているかしら。
実を結んでいるかしら。
わたしは生かされて、いのちを喜んでいるかしら。



よい一日を!
[PR]
by les-copain | 2009-06-25 02:20 | ■コパンの旅 | Comments(2)

生きる以上は

a0028049_4144749.jpg大人がしていることを、
なんでもまねするのが子どもというものです。
「まなぶ」とは、「まねぶ」からきているそうですもんね。
こちらがほかのことをやり始めれば、
興味はどんどん移っていきます。
ああ、またよけいなことをして! と思うときも、
わたしと同じことがしたかったんだな、と一呼吸置くと、
不思議と腹も立たなくなります。
わたしがそれを思い出せるかどうかがカギです。

きょう、かずおくんがまったくひとりで終えた洗い物。
3つ。
たいそうていねいに洗っていました。
シンクには、まだたくさんのお皿。
わたしも最近は、洗い終えることを目指してイライラするよりも、
少しでもやってもらったら、
ありがとうと言う訓練をさせてもらってます。
それが、お互いに楽なようです。
毎日、ひとつでも増えたら、それではなまる。
減っても、はなまる。
なくても、はなまる。

ありがとう。





●「生きる以上は」  (羽仁もと子著作集『思想しつつ 生活しつつ(中)』より抜粋)


私どもは果たしてどのような標準によって、
おのおのの一生を営んでよいものでしょうか。

生死は神のつかさどり給うところであるにしても、
その与えられた生を、
自分の思うままに使ってゆくということは出来ないものでしょうか。
生のために役せられずに、
生を使って自分の思うことをするように生きられないものでしょうか。


枝がもし葡萄の樹に連なっていなければ、
ただ枯れてしまうばかりで、
幹に連なっている枝は限りなくよい実を結ぶということが書いてあるのです。
(『我は葡萄の樹、汝等はその枝なり』のこと)

職業についてばかりでなく、
われら自身の生活の急所が、
果たして葡萄の樹に連なっているその枝であろうか、
あるいは幹とは没交渉な枯れている枝であろうかということは、
さらに大切な問題だと思います。


同じように朝起きると火をたきつける、
掃除をするというような生活でも、
それはわが身を養い、わが心を養うための働きである。

子どもの面倒をみるのでも、
ただ生んだから、世間でもこうするから、というようなことでなく、
ほんとうに子どもの内に宿っている生命をのばしてやりたい。
感情においても、知恵や力においても、優れたものにしてやりたい。
もしも優れた天分を持っていないにしても、
その子としての出来るだけの進歩をさせてやりたいという考えで、
熱心に努めるならば、
それによって、己れ自らも毎日毎日今までは思いおよばなかった
さまざまのことに思いおよぶことが出来、
それからそれと進歩して、
それがまたその力量の大小に応じて、
種々の働きになって現れて来るのです。
これがすなわち人生の目には見えない大きな幹に連なって
多くの実を結び得る枝になっている証拠です。
生きる以上は、与えられたわが生を、
自分の意志で確かに使ってゆきたいと思います。 (以上)


きのう、友の会の方面会の読書に選ばれていたところです。
長くなりましたが、感動したので、ご紹介。


ちなみに、羽仁もと子さんのお孫さんは、映画監督の羽仁進さん、
ひ孫の羽仁未央さんは、日本でのホームスクーリング先駆者です。
未央さんも、香港で映画監督などをされているそうですよ。
[PR]
by les-copain | 2009-06-24 04:14 | ■コパンの旅 | Comments(0)

赤ちゃん

a0028049_3265973.jpgいとこのこっちゃん、3ヶ月です。

「あかちゃん、あそぼ。おそとにいこう。
あ~そ~ぼ。」

うでひっぱり。

「ちっちゃいね~。」

あなたも、ちびちゃんだよ。




a0028049_326596.jpg赤ちゃん、だいすき。
[PR]
by les-copain | 2009-06-23 03:26 | ■コパンの旅 | Comments(0)

なかよし

a0028049_4275714.jpg


2ヶ月おねえさんののんちゃんです。
のんちゃんも、小さないのちを守る会を通してやってきました。
のんちゃんが関東に引っ越してきてくれたので、
ときどき会えるようになりました。
会うときは、だいたい2泊3日のお泊りです。

一緒に食べて、お風呂に入って、
遊んで、なかよくけんかしてます。

かずおくんが、目の色変えて遊びたがるおもちゃがいくつかあります。
たいていはゆずる(あきらめる?)ことが多いのに、
ままごと道具は、とりあいになります。

いつもわたしと一緒にほんもので遊んでいるから、必要ないと思っていたけれど、
家に自分のものを持っていないから、よそで執着するのかなあ?

おもちゃを買い与えるのは、誕生日に、と思っていましたが、
100均に行って、小さな調理器具や、木の野菜など、一緒に選んでみました。

さて、どれくらい遊んでもらえるのか、自分のものになったおままごと道具。
外での態度に変化はあるかな?

わたしも、友だちの暮らしぶり、子どもとの接し方を見せてもらって、
いろいろ教わりました。
特に、子どもとの遊び方。

親子で、よい刺激をいっぱいもらいました。
次はいつかな。


幼稚園や保育園選びの話題が増えてきたきょうこのごろ。
我が家は、家ですごすことに決めています。
ホームスクーリングへの思いも固まってきているので、
(というか、もうすでに始まっているので)
時間の使い方、家の中の使い方は、
それに向けて準備していきたいと思っています。

最近は、わたしのウォーキングの時間を片づけに当てていたので、
運動不足もいいところ。
足腰の筋力がほんとうに弱っていることを感じます。
姿勢が悪いし、すぐ、座りたいと思ってしまう!
でも、やることはいっぱいで、
運動だけの時間を作り出すのはむずかしい。

ならば、かずおくんと遊ぶ時間に、
自分もめいっぱい動くしかない。
ホームスクーリングをするならなおさら、
運動を優先順位の高いところに持ってくることは課題です。

わたし自身が、からだを動かす遊びをあまりしてこなかったので、
これから新しい分野を開拓します。

ホームスクーリングするなら、畑もぜひとも手に入れたいと思っています。
神さま、畑、ください!

まずは、庭のプランターからかな。

さあ、新しい1週間のはじまり。
今週は、片づけ強化週です。
[PR]
by les-copain | 2009-06-22 04:27 | ■コパンの旅 | Comments(2)

それもまた

a0028049_2373563.jpg
妹から届いた、季節のおいしいもの。
妹のところは、とうもろこしの名産地です。




きのうは、かずおくんがいつもより1時間早く目覚めたので、
一緒に二度寝しました。
寝られたのはよかったのだけれど、
やっぱり一日の流れに、いろいろ影響が出てしまいました。

家事でかずおくんを待たせる時間が長くなったので、
わたしの気を引くために、いろいろとやってくれました。

朝が遅かったから、お昼寝の時間に眠くならず、
結局そのまま夜まで。

おかげで、夜は早く寝かせることができたけれど、
寝る前のひとあばれが、おおあばれになりました。

こちらの段取りで、よけいなわがままを言わせてしまって、
申し訳ないと思いつつ、
イライラと一日をすごしました。
2度、手が出てしまった。
冷たい態度もとりました。

最近、そのうち始まると思っていた、
「これ、なあに?」がとうとうやってきました。
質問攻めです。
うれしいはずのやりとりが、
こちらの余裕がないばかりに、イライラの原因になってしまった。

「かずおくん、さっきは、かあさん、かずおくんの手をたたいたね。
ごめんね。
かあさん、イライラしてるね。
かあさん、かずおくんのこと、大好きなんだよ。」

かずおくんも、まゆをしかめて、
「ごめんね~。」と、頭を下げました。

かあさん、かずおくんのこと、たからものなんだよ。
だから、もう少しうまくやれるようにがんばる。

そして、かあさんが笑顔でいられるように、
そんな日もあるさ、と、
自分を責めないようにするね。

かみなりがなると、おどろいて、
だっこだっこと飛んできました。

そんな宝石のような時間は、とても短い。
毎日を、もう少していねいに暮らしたい。
[PR]
by les-copain | 2009-06-16 02:37 | ■コパンの旅 | Comments(1)

メロディオン講習会

a0028049_348436.jpg

洗濯機におふろの残り湯を入れるお手伝い。
とてもよい番人です。
満杯にしないと気がすまないので、
少量のときは、頼めません。




先日のメロディオン講習会のために、
お祈り、ありがとうございました!

えいさんや友だちに生徒になってもらって、シミュレーションしたり、
風邪を引きかけて、頭痛がしたりしていたので、
えいさんにかずおくんを連れ出してもらって、少し休んだり、

当日は、とうちゃんがかずおくんを預かってくれて、

みんなの協力で、なんとかやってまいりました。

しょっぱなから、2校とも、4クラス合同!
たくさん吹かせてあげたかったのだけど、
それをいかにざわつかせずに、メリハリをつけてやるかが、今後の課題です。
次回がいつになるかはわかりませんけれど。

初めてにしては、よくできたと思います!
楽しかったです。

かえちゃんは小学2年生。
かえちゃんも、学校でこんなふうにやってるのかなあ。
しゅうちゃんも、来年はこんななんだなあ。

みんな、いっしょうけんめいだなあ。

子どもたちが教室に入ってくる姿に、
涙が出そうになりました。
[PR]
by les-copain | 2009-06-15 03:48 | ■コパンの旅 | Comments(0)