<   2009年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

雪の日のおでかけ

a0028049_2493852.jpg


えいさんが、在宅介護で家にいることが多い分、
わたしとかずおくんは、毎日のようにお出かけしています。
わたしは、なにもなければ、
着替えもせず、顔も洗わず、家にこもってしまうタイプなのです。

地域の親子の集まり、ミキの食育の集まり、友の会・・・・。
たくさんお友だちが与えられて、豊かな交わりがあります。

歩いて、自転車で、電車で。
託児にも慣れて、かずおくんは、どこへ行っても楽しそうです。
別れるときは、「えっ? かあさんが話してたのって、こういうことだったの?」と、
突然理解して、べそをかくこともありますが、
「かあさん、ピンポーンって、迎えに来るのね? ピンポーンってね?」と
念を押しながら、自分から部屋へ入っていきます。

電車の中でも、かずおくんのおかげで、
かならずどなたかとお話をしたり、ほほえみを交わしたりします。
先日は、ラッシュのホームをふたりでのんびり歩いていると、
突然うしろからおばさまが、かずおくんの反対側の手をとって、
「改札まで一緒に行くよ、がんばれ、がんばれ」と言ってくださったり、
おじさんが、かずおくんの頭を、くるくるっとなでて通りすぎていったり。

考えようによっては、このご時世、ちょっとこわいことなのかもしれませんが、
あたたかい人々の存在に、ほっとしたりもします。


きのうは、予定が変わって(主催者さま、元気になりましたか~?祈ってますね)、
我が家が保険でお世話になっている住友生命さん主催のイベントに行ってきました。
今回はオリジナルキャンドル作り。

いつも材料はすべて用意してくださっていて、参加費は無料。
無理な勧誘など、一切ありません。
あたたかいみなさんに囲まれて、
かずおくんも、もうすっかり我が家のようにしています。

先生が出向して、ていねいに教えてくださるので、
とってもかんたんに、あっというまにできてしまいました。

プルーンの空きビンが出るので、
こんなふうに利用できたら楽しいな。

ふだん食べられないお菓子をいっぱいいただいて、
かえちゃんのお下がりの長ぐつをはいて、
雪の中を、ごきげんで歩いて帰りました。

みなさん、いつもコメントありがとうございます~!
励まされてます。

ハバナイスデイ!
[PR]
by les-copain | 2009-02-28 02:49 | ■子ども | Comments(1)

親不知

a0028049_6122321.jpg

去年、左奥の親知らずを抜きましたら、
最近、右の親知らずが、顔を出しはじめました。

治療が途中のまま、長いことサボってしまっているので、
また歯医者さん通いします。
右も抜くことになりそうだなあ…。

友だちがブログに、
自分の子どもの話って、意外とほかの人にはつまらないのかも、
と書いていました。
そんなしらけた空気に気づかない自分は幸せだ、とも。

それをえいさんに話したら、

そうじゃなきゃ、親なんてやってられないよ、
みんなにおもしろかったら、
コパンのブログは、爆発的にヒットしてるでしょ、

と言いました。

みなさん~、親ばかにつきあってくださって、
ほんとうにありがとう~。

jujuちゃ~ん、わたしもたいした幸せ者ですよ~!
[PR]
by les-copain | 2009-02-25 06:12 | ■コパンの旅 | Comments(4)

講演会レポート

a0028049_317208.jpg


● 人が生まれる確立は、
1億円の宝くじに100?万回(よく聞き取れなかった)、
連続で当選するくらい、すごいこと! すばらしいこと!

● 2万~3万のいい遺伝子を受け継いでいる。
親も子も、与えられているものを十分に使って、
賢く生きなければならない。
子どもの持っているいいものを探す努力、伸ばす努力。

● 胎児の時代に、体は造られる。
おかあさんが食べるものが、全部材料になる。

● 細胞は、食べるもの、飲むもの、吸う空気で造られている。
できるだけいい材料で、いい細胞を造ること。

● 細胞の破綻を招くもの。

ストレス、食品添加物、化学発癌物質、ウィルス、
環境ホルモン、肥満、放射線、電磁波、紫外線、活性酸素・・・

● 海馬(記憶の司令塔)は、かわいがられなければ発達しない。

● 3才までは、肌を離さず。
7才までは、手を離さず。
13才までは、心を離さず。
19才までは、目を離さず。

● 九つ(つのがとれるまで)の4つの目盛り・・・親が手本となること

1. 時を守る(約束を守る)
2. 礼を正す(あいさつ)
3. 場を清める(整理整頓)
4. 責を果たす(子は子の、親は親の)

● 脳の4分の3は、生まれてから造られる。
この期間を「未成年」と呼ぶ。
子育ては、20年かかるということ。


(2月14日 引地ユリ先生 講演会より)
[PR]
by les-copain | 2009-02-24 03:17 | ■子ども | Comments(0)

神さまの祝福は

するとイエスは、5つのパンと2匹の魚を取り、
天を見上げて祝福を求め、
パンを裂き、人々に配るように弟子たちに与えられた。
また、2匹の魚もみなに分けられた。

人々はみな、食べて満腹した。

そして、パン切れを12のかごにいっぱい取り集め、
魚の残りも取り集めた。
パンを食べたのは、男が五千人であった。
(マルコ6:41-44)

神さまの祝福は無尽蔵。みんなが満腹しても、まだ余るのだ。

ほかの人が祝福されると、自分の取り分が減るような気がして、
なんとケチンボで、嫉妬深い生き方をしていることか。

わたしのお腹はいっぱい。
杯はいつもあふれている。

安心しよう。
[PR]
by les-copain | 2009-02-21 05:51 | ■コパンの旅 | Comments(1)

初めて

a0028049_538242.jpg

おにぎり、自分でにぎったよ!
のりも上手に巻いて、
ちょっと驚きです。

時間がなかったから、
全部わたしがやっちゃいたかったけど、
かずおくんの熱意に負けました。

部屋ぐちゃぐちゃで飛び出したけど、
一緒にできることがまた見つかってよかったです。

お弁当箱は、わたしが幼稚園のときに使っていたもの。
実家にとっておいてくれてました。

フタに絵がプリントされてます。
これは、「ミラクル少女リミット」ちゃん。
もうひとつは、「なんたって18才」。
[PR]
by les-copain | 2009-02-21 05:38 | ■コパンの旅 | Comments(0)

In God's image

ひょんなことから、メイクアップの講座を受けました。
お客さんで行ったはずが、びしびししごかれました。
その先生は、
わたしがいままで出会った「先生」という人々の中でいちばん厳しかったけれど、
愛を感じました。

現状は意思によって動く。
そのベクトルをどちらに向けるかで、
現状はどのようにでも変わっていく。

ベクトルの先にあるものは、すべてイメージ。
自分がどうなりたいか。
相手にどんなふうに幸せになってほしいか。

相手の希望を聞き、思いを汲み取り、
それを広げたり、新しい方向性を提案する。


イメージ(想像力)は、すなわち、思いやりである。


いかに自分の想像力が乏しいかを痛感。
すなわち、そうとう思いやりに欠けている。

そして、こうも言われた。

「おれが、『あんたたちはできる』と信頼してやらせてるんだ。
やっちゃいけないことをやらないかぎり、口を出さないんだから、
自信持ってやれ。おどおどするな。」


わたしたちは、神の深い深い愛によって、その似姿に(in God's image)造られた。
神さまの創造力・想像力がそのまま、わたしたち自身である。
わたしたちには、人生を豊かに生きる想像力が、
神さまから常に、わきあがる泉のように与えられているのだ。

そして、神さまはわたしたちを信頼して、
いのちを預けてくださっている。
失敗はないのと同じ。

メイクの先生は、いつか生徒にさじを投げることもあるだろうが、
神さまは、わたしたちを決して離れず、また捨てない。

失敗しないようにおどおど生きるのではなく、
だめだったら、止めてくださいね! と、
信頼されていることを信じて、感謝して、
大胆に生きていきたい。

メイクのプロになる予定はないけれど、
いろんなことを教えていただいた一日でした。
[PR]
by les-copain | 2009-02-19 15:59 | 聖書 | Comments(0)

少しずつ

今朝、ひとりで寝られたと書きましたが、
今夜はできませんでした。

お客さんが来ていたから、
とうさんたちの話し声が聞こえていたこともあったと思いますが、

ひとりで寝られる?というと、うん、と言うのですが、
いざわたしが立ち上がると、泣いて後追いする。

一緒にもどって、また尋ねると、
泣きながら、うん、うんと答える。
かわいそうで、わたしまで泣きたくなりました。

一度、部屋から出てみましたが、
ドアの向こうで、「かっか~ん」と呼びながら泣いている。

トラウマにならないように、
今夜のところは、寝入るまで一緒にいました。

だれかにできることが、うちの子にできなくてもいいんだ。
だれだっていつかはできるようになること。
そして、それぞれにタイミングがあるのでしょう、きっと。

いくら一緒に寝たいと言ったって、
むこうがいやがる時期はきっとすぐにやってくる。
だから、あせらず、
でも、毎日、ひとりで寝てみる? と聞いてはみるようにしようと思います。


トイレトレーニングも、最近はすっかりさぼっています。
去年の9月までは、外出時はとくに、
ほぼ完璧にトイレに行きたいことを教えてくれていたので、
このままとれるか、と喜んでいたのですが、
2週間の旅のあと、トイレをいやがるようになってしまいました。
わたしは、かなりがっかりしました。

いまも、気分によっては、トイレでしてくれますが、
遊びに夢中なことが多くなってきたので、
おむつ換えをとてもいやがります。

布おむつも、このところは使っていません。
かずおくんが大きくなってきたので、
一度に1枚では間に合わないし、
おむつカバーも大きなサイズに新調しないといけない。
それに、寒いから。

あせらなくていいんだよ、と、みなさん言ってくださると思います。
はい、あせっていたことを認めます。

経皮毒やゴミ、経済を考えると、
でもやっぱり早くやめたいなあと思う、きょうこのごろです。


あ、さきほど、かずおくんが、ちょっとふとんの中で泣きました。
また、「かあさん、あっちにいるから大丈夫だよ」と言って、
背中をとんとんして出てきました。
いままたひとりで寝ています。
これだけでも、すごいことだ。
[PR]
by les-copain | 2009-02-16 01:09 | ■子ども | Comments(2)

やってみるもの

夜は、かずおくんと一緒に寝て、
わたしは、その消灯時間から6時間後に起きるという習慣が
すっかり身につきました。
朝は、家事もしますが、自分のやりたいことができる、大事な時間です。

最近、わたしの気配を感じてか、
明け方に、「かっか~ん」と泣いて呼ばれることがよくあります。
わたしはふとんへ飛んでいって、
また寝入るまで、一緒にふとんに入ります。
仕事が中断されるので、
そろそろ、ひとりで寝れるようになるといいなあと思っていました。

今朝は、わたしが目覚ましで起きたとたんに、
かずおくんも起きてしまったので、がっかり。

一緒に子育て中の友だち、jujuちゃんは、
かずおくんと同級生のHaluくんが、ひとりで寝るようになるのに成功!
それも、「ひとりで寝てみる?」と一度聞いてみただけ。
うん、と言って、それ以来、自分で寝るようになったそうです。

かずおくんにもできるんだろうか?と
なんとなくむずかしい気がしていましたが、
ちょっとやってみようと思い、

「かずおくん、ひとりでねんねする?
かあさん、あっちのお部屋でお仕事してるからね。
ちゃんといるから、大丈夫だよ。
とうさんもとなりで寝てるから、大丈夫だよ。」

と言ってみました。

そうしたら、「うん」と言って、
わたしがふとんから出ても、静かに寝ているではありませんか~!
それ以来、起きてきません。

わたしも一緒に早く寝る習慣は続けるつもりですが、
ひとり寝の練習は、続けてやってみたいと思います。

今夜もうまくいくかな?

ほんとに、やってみるもんです。
jujuちゃん、ありがとう~!
[PR]
by les-copain | 2009-02-15 06:00 | ■子ども | Comments(2)

よい人間関係の築くための6項目

家族、夫、子ども、ご近所、仕事すべてに共通して


1.  話の聞き方3通り
       
     批判的・・・自分の立場で聞いているために、心が通わない。  
            「自分は正しい、相手は正しくない。」 
            これはクセである。相手のことばを復唱すること。              
 
     共感的・・・相手に軸足を置いて、相手の立場で聞く。互いに心を開くことができる。

     聞いていない

2.  相手に対して、先入観を持たない。

3.  自分本位でなく、相手本位で考える・・・相手がなにを求めているのかを知る。

    言いなりになることとはちがう。「あなたはそう思うのね。」

4.  人に対しては、分析ではなく、洞察する。

      分析・・・自分に軸足    洞察・・・相手に軸足

5.  対話をする
      
    議論や一方的に話すのではなく、相手に軸足を置く。
    
    例: 食事の支度が遅れても、子どもに話しかけられたら、手を止める。
       急いでいるときでも、まず目を見て相手の言い分を聞く。復唱する。
       その上で、ちょっと待っててねというと、子どもは「聞いてもらった」ことに満足する。
       何度もただ待たせていると、そのうち言わなくなってしまう。

6.  絶えず問題意識を持つ

    問題がない=目標がない

    どこに自分の問題があるのかを徹底して考え、上の人に聞く。
    ベクトルは、上に向けること。ベクトルを下に向けると、自分を軸足にして話をしてしまう。
    「わたし」が誰を信じているかを、続く人は見ている。
    「わたし」のベクトルがどこに向いているかでしか、相手は自分を信頼できない。


 (2月11日 ミキ・バックアップセミナーにて)  


みなさん、いつも見てくださってありがとう。
あたたかいコメント、ありがとう。
[PR]
by les-copain | 2009-02-14 04:07 | ■コパンの旅 | Comments(0)

きょうの箴言3章

わが子よ。主の懲らしめをないがしろにするな。
その叱責をいとうな。
父がかわいがる子をしかるように、
主は愛する者をしかる。

11・12節
[PR]
by les-copain | 2009-02-12 07:11 | 聖書 | Comments(0)