<   2006年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

備え

a0028049_8432376.jpgまだまだ暑いですが、デパートはもう秋の装いですね。うちにも毛糸のパンツがやってきました。かあちゃんがリハビリを兼ねて、赤ちゃんのために編んでくれたものです。何度もほどいては、やりなおし、やっとできあがりました。ああちゃんのベビードレスも、箱の中で、着てもらうのを首を長〜くして待ってます。わたしもはりきって、1階の片づけをせねば。いまのうちに運転免許を取りたいです!と祈ってます。


えいさんの頭の中、たくさんの虫が這い回っているかのように、「ワジワジ」しているそうです。痛いのもつらいですが、ワジワジは、さむ〜いいいぃぃぃぃ............。涼しさをお届け。

あしたから、ARKKMMのキャンプ。朝7時45分新宿発の高速バスに乗って、甲府まで行きます。今年はバスのひとり旅が2回もあったなあ。いつもえいさんの知恵に頼りっきりですが、ただ神さまに信頼するようにとのチャレンジです。ひつじは、ひつじ飼いの声をちゃんと聞き分けられますように。あしたから学校のみなさん、必要なものを全部持たせて、神さまが送り出してくださいますから、感謝します。どこにいても、緑の牧場への門は、あなたに向かって開かれているからね。
[PR]
by les-copain | 2006-08-31 08:44 | ■ケータイ写真館 | Comments(7)

えいさん・その後

きのうは、一週間ぶりに病院に行く日でした。えいさんはやっぱり疲れていて、とにかく休んでいます。顔の表面の疱瘡のあとがまだ赤く、まぶたが腫れています。頭痛がまだ少しと、皮膚の表面がピリピリするそうです。大事をとって、金曜日からのキャンプはお休みさせてもらうことにしました。わたしがひとりで参加するので、高速バスを予約したところです。えいさんがいましっかりと健康を立て直すことができるように、どうぞお祈りください。

きのうもきょうも暑いですねえ。せみたちが、浪曲師のように声をふりしぼって歌ってますよ。滝のように汗をかきながら、扇風機と過ごした夏。8月ももうすぐ終わりです。信じられん。

a0028049_12335621.jpgいつかご紹介しようと思っていた本、いつでもいいのですが、やっぱり8月のうちに。こうの史代 著の『夕凪の街 桜の国』です。広島の原爆投下によって被爆したひとりの女性の人生を軸に、いまも人々の魂に残る戦争の爪痕と、それをかかえながらも生きていく姿が、やさしいタッチのまんがで、たんたんと綴られています。いくつか賞もとってるみたいですね。戦争を知らないわたしたちが伝えていくべきことはなんでしょう。考えさせられます。

えいさんへの励ましのたくさんのコメントをありがとうございました。お返事ができなくてごめんなさい。でも、ほんとうに支えられました。きのうの日記分から、またコメントへのお返事を始めますね。
[PR]
by les-copain | 2006-08-30 12:34 | ■ケータイ写真館 | Comments(4)

どうして

「これには意味がある。これは感謝して受け止めるべきである。」
「みこころのとおりにしてください。」
「あなたはわたしの心をご存じです。」

これまでの、わたしの祈りです。

賛美セミナーの中で、浄化のなみだを流している人たちを、心から、うらやましいと思いました。

自分の心が、いつもどこか冷ややかで、晴れないのは、ダビデのように、神さまの前でぶっこわれることがないからだなあと気づきました。はずかしいし、めんどくさい。あまりにも、いまの自分で長くいてしまったために、ほかの自分に変えられるのがこわい。変わりたいと言いながら、ほんとうは変わりたくない。祝福してくださいと祈りながら、ほんとうに大きなものをまかされちゃったら、どうしよう?と思う。

人には、ありのままでいいんだよ、と言いながら、自分は、神さまの前でも、人の前でも、ありのままじゃなかった。これからは、いい子の祈りは、もうしません。「これくらい仕えるので、これくらいください。」と、神さまと取り引きするような祈りは、もうしません。どうして?と問わなければ、答えはなかったんです。

どうしてですか?
わたしをお忘れになったのですか?
世の中、どうなっちゃってるんですか?
どうしてゆるしておかれるんですか?
どうしてわたしを、こんなふうに造ったんですか?


a0028049_11115331.jpg












どうして、こんなにかわいいものたちを造られたんですか?
[PR]
by les-copain | 2006-08-29 11:13 | ■ケータイ写真館 | Comments(8)

小さないのち〜賛美セミナー

えいさんは、お医者さんの許可も出て、希望どおり、22日の最後の点滴が済んだら退院しました。わたしもできるかぎりの準備をして、小さないのちを守る会のキャンプに出かけましたが、まりちゃんが積み込みなど手伝ってくれたおかげで、えいさんの準備も早々に済みました。その日の夜は、まりちゃんとかあちゃんのところに泊まったそうで、夕飯も、涼しい部屋も与えられました。わたしは、朝早く軽井沢を出て、岩槻駅でえいさんに拾ってもらい、奥多摩へ向かいました。包帯は当てていたものの、えいさんの顔に戻って、一安心です。

小さないのちを守る会のキャンプでは、たくさんの養子家族のみなさんや、支えるみなさんに出会いました。生まれなかったかもしれないいのちが、守られて、しあわせにそこにいることに感動していたら、でも、わたしたちはみんなみんな、守ってくれた人がいたから、いま生きているという当たり前に気づきました。

a0028049_7561787.jpg小さないのちの辻岡先生は、「いのちを私物化してはならない」と、いつも言われます。子どもたちへのしつけも、いのちを私物化しないからこそあるのであって、感情にまかせて叱ってはならないなど、愛のムチも飛んでいました。自分をほんとうにありのままで愛しているか?と問われれば、悪いところはいくつも挙げられても、いいところはなかなか思いつかないような自分は、やっぱり愛せていないということ。それは、自分のいのちを私物化していることの表れでしょう。まず自分を愛する。子どもと関わりながら、きっとわたしは自分のいのちを、もっと愛するようになっていくのだと思います。それもまた楽しみです。

←自動演奏のボタンを押してしまったけど、自分たちで弾いているつもり。

a0028049_7564874.jpg賛美セミナー、あまりにも深く取り扱われて、簡単に書けそうにありません。参加者のみんなも、なんだかそんな雰囲気です。でも、わたしはこれからどんどん楽になっていく。もっともっと神さまに近づいていく。その大きな一歩だったと思います。これから、少しずつ消化して、この日記にも、少しずつ表れていくと思います。

「朝のプレイズ」は、川の上にかかる大きな橋までの散歩。神さまをほめたたえながら、静かに歩きます。湧き水発見。水が大事に扱われている場所が大好きです。

えいさんが入院している間、じつは、もうひとりの講師の牧師さん(のりのり改め「いのりのり」)も、何年ぶりかのぜんそくの発作に襲われて、七転八倒の苦しみをしていたそうです。リーダーがふたりとも、こんなに目にあっていたとは。神さまのゆるしのうちに起こった出来事は、やっぱり最善でした。

回復に向かっているとは言え、えいさんはやっぱり少し疲れたようで、頭痛とまぶたの腫れが少し戻ってきました。今週はよく休みます。

祈ってくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by les-copain | 2006-08-28 07:57 | ■ケータイ写真館 | Comments(7)

ただいまっ!  行ってきます!

えいじです。
みなさん、ご心配おかけしてすみませんでした。そして、お祈りありがとうございました。さすが! 普通より回復は早かったです。きょうの夕方4時頃、自宅に帰ってきました。

こんな形で初入院することになるとは思ってませんでした。
とにかく寝ました。入院するまでの3日間はほとんど寝れなかったので、助かりました。ゆっくりと「いろんな恵み」を思う時間が与えられたことも感謝です。

最高潮の痛みは、激しい歯痛わかりますか? あれの3倍くらいのが、脳天から左目の後ろ、そして首に突き抜けるようにあって、それのまた3倍くらいの激痛がその3点を縦横無尽に駆け巡っている感じでした。痛くてがまんできなくて救急車に乗るなんて、ガンの末期くらいなのかと思ってました。数年前の父ちゃんの苦しみを思いました。あと、点滴の針がずっと手の甲についてるのも不自由ですね。いまも苦しんでいる、いろんな人の顔が浮かびました。
顔の腫れは入院翌日が最高で、あとは少しずつ引いていきました。でも額の神経をやられたからでしょう、頬がゆるんでしまって、左だけアゴがたるんたるんになりました。おもしろかった。それも、今朝にはほとんど元通りになりました。今の痛みは、皮膚がピリピリするのがときどき出現、そして明け方には頭痛があるんですが、日中は大丈夫です。

これからマリに手伝ってもらって積み込み。あしたからは予定通り、奥多摩で「さんびセミナー」ですが、人数も少ないので、ゆったりキャンプになりそうです。ムリせず、行ってきます。
コメントにお返しできませんが、本当にみなさんのお祈りに感謝します。
神さまのみわざを、一緒に賛美してください。


a0028049_1871733.jpg帰ってきて窓を開けたら、向かいのトヨタレンタカーがあった場所が、さっそく駐車場になってました。なんだかなぁ。
[PR]
by les-copain | 2006-08-22 19:33 | ■ケータイ写真館 | Comments(12)

えいさんの状況

毎日祈り続けてくださって、
ほんとうにありがとうございます!
えいさんは日に日によくなっています。
そして、みなさんのお祈りや励ましのメッセージを、
とっても感謝しています。

きょうは、顔の腫れもだいぶ引いて、
水泡がかさぶたになってきていました。
耳下リンパ腺のあたりは、神経がウィルスでかなり攻撃されて、
一度はものすごく腫れたために、
ほっぺたがぽよんと垂れ下がっています。
でも、いつものえいさんの顔に近づいてきました。
だいぶひげが伸びています。

まりちゃんが、
「ひげづらで、顔がぱんぱんに腫れてて、
足ももじゃもじゃで、枕元にはぬいぐるみが寝ている人を、
看護婦さんたちは、何者だと思ってるかなあ。
きっとあやしまれてるだろうねえ。」と言っていました。

毎日点滴を受けているようです。
とにかく痛みが抑えられたので、
かなり楽になりました。

賛美セミナー、
えいさんは行くつもりにしていますが、
22日の様子次第と、お医者さんに言われているので、
それは納得しています。
えいさんが行けなければ、えいさんなしのセミナーです。
ひょお〜。
そしたら、そしたです。

わたしはきょう、軽井沢へ一人旅です。
小さないのちを守る会のみなさんと、
軽井沢の街を、楽器を演奏しながら練り歩いたり、
トラクトを配ったりします。
水曜日の早朝、岩槻にもどって、
もし退院できれば、えいさんと一緒に、
奥多摩に向かいます。
わたしの旅のためにも、どうぞお祈りください。


a0028049_034243.jpgそれにしても、暑いですね。
ねこたちは、涼しいところをよく知ってます。
涼んでる、涼んでる。

えいさんがもしあした退院できたら、
みなさんに感謝の更新をするかもしれません。
GMXブログは、えいさんが元気になったら更新します。

みなさん、どうぞお元気で。
[PR]
by les-copain | 2006-08-21 00:40 | ■ケータイ写真館 | Comments(5)

えいさんの状況

みなさん、おはようございます!
日曜日の朝ですが、
教会でも祈ってくださっているので、
きのうの午後、面会に行ったときのえいさんの様子をお知らせします。
もしこれをご覧になったら、お伝えください。

きのうは、ヤングコンチOBのゆきちゃんと、
今週の賛美セミナーのために、台湾からかけつけてくれたたつみちゃんと、
3人で行きました。
着いたとき、えいさんは部屋にいなくて、
皮膚科に行っているということでした。
もどってきたえいさんは、
痛み止めが効いて、おとといよりはずっと楽になっていました。
ただ顔の腫れが、顔全体にひろがっていて、
いまみなさんがえいさんとすれちがっても、
きっと気がつかないと思います。

やっと「管轄」のお医者さんに診てもらえて、
点滴が始まりました。
えいさんは22日に退院したいと希望を出したそうです。
お医者さんは、そのときの様子で、ということでした。
退院できたとしても、まずは運転して奥多摩まで行けるのかどうか、
かなり????です。
これほど、わたしが運転免許を持っていたら!と思ったことはありません。

神さまが奇蹟を起こしてくださいますように。
でも、無理だけはしてほしくありません。
神さまがすべてにおいて、助けてくださいますように。

水のいらないシャンプーというのを買っていって、
えいさんの頭をふいてきました。

よく回ってきてくれる若い看護婦さんが、なんだかぶっとんだカンジの人で、
痛み止めで意識朦朧としているえいさんに、
「じゃあ、家族構成、聞いちゃおっかな〜?」
「体温、測ってみよっか〜?」
(トーンをお伝えできないのが残念!)
などなど、いつもノリノリで話しかけてくれます。
病院でのおもしろいこともあります。

「あの痛みが、もっとずっと続くような病気の人もいるんだから、
あれくらいは軽いもんなんだよなあ。」と、
えいさんがしみじみ言っていました。
これも恵みですね。
お祈りを、ほんとうにありがとうございます。
どうか、続けてお祈りください。

大部屋が空いていなかったので、
個室でもいいから、入院しました。
それでもじゅうぶん感謝なのですが、
経済的なこともありますし、それから、
個室でひとり、えいさんが日がな過ごしているので、
大部屋に移れたら移って、
少し雑音の中にいたほうがいいなと思っています。


a0028049_8281940.jpgえいさんの枕元には、
いつもデスクにいる子が、
ちゃんと一緒に寝ています。


みなさん、よい日曜日を!
[PR]
by les-copain | 2006-08-20 08:23 | ■ケータイ写真館 | Comments(5)

えいさんの状況

おはようございます。
みなさんのお祈りを、
そして、メッセージを、心から感謝します!

きのうの午前中、眼科にかかって、
睡眠薬を含む追加された薬を飲みましたが、
まったく効き目なく、
耐えかねて、午後、救急車を呼びました。
診療時間外で、内科のお医者さんしかいなかったのですが、
処方された薬を見て、
もうこれですべての対策はなされているから、
モルヒネの一段階下の注射して、
しばらく様子を見ましょうということになりました。

30分経って、看護婦さんが様子を見にきた時点では、
なにも変わりなく、
看護婦さんからは、
管轄の皮膚科のお医者さんとも連絡が取れないので、
入院にはできない、
病院にいても、寝ているだけなので、
家へ帰って様子を見てください、と言われました。

家でももうなにもできないので、
この痛みに、なにかもう少しの処置をお願いすると、
内科の先生が、内科の診察として、
入院できるようにしてくれました。

目のまわりのことなので、
失明したりする危険もあるから、
入院して、早めに点滴をということでした。

入院に必要な身の回りのものを持って、
もう一度、病室に行ったときは、
やっとその注射が効いてきたらしく、
えいさんは寝ていました。
強い薬になってしまったけど、
眠れて、ほんとうによかったと思いました。

あんなにひどい頭痛、いかほどのことかと思うと、
ほんとうにつらいです。
顔の左半分は、腫れて、変形してしまっています。
完治するのに、何週間もかかると聞きます。
ヘルペスは、すぐに処置できないと、
あとあとまで神経痛として残ってしまうことがあるそうです。
また、ヘルペスをきっかけに、体調をくずしてしまったケースを、
今回いくつか耳にしました。

この世の事実をはるかに越えて、
いやしぬしなる神さまが、
えいさんをいやしてくださいますように。
みなさんのお祈り、かさねがさね、ありがとうございます。



a0028049_11134127.jpg面会は午後からなので、あとで行きます。
きのうは、ヤングコンチOBのゆきちゃんが
泊まりがけで来てくれることになっていて、
こんなときでしたが、なんでも手伝ってくれるということばに甘えて、
予定どおり、来てもらいました。
ものすご〜〜〜くがんばってくれて、
ニュースレター発送作業を終わらせることができました。

みなさんも、どうかどうか、
からだに気をつけてくださいね。
[PR]
by les-copain | 2006-08-19 11:13 | ■ケータイ写真館 | Comments(9)

えいさんの状況

みなさん、お祈りと励ましを、ほんとうにありがとうございます!

えいさんの顔面左側の腫れがかなりひどく、
目はもうほとんど開かない状態です。
表面の痛みもかなりのものだと思いますが、
それも感じないほど、
頭頂部から目の奥、あごの下のリンパ腺あたりにかけて、
槍でも突き刺したかのような痛みが常にあります。

とても強い痛み止めの座薬も効かず、
ゆうべもほとんど眠れなかったそうです。
たいていは、かなりの痛みも耐えるえいさんが、
ほんとうに苦しんでいます。
今朝病院に行きましたが、
皮膚科が休診。
眼科にかかって、試しの薬が追加になりました。
もらっていた座薬が効かないとなると、
もう準麻薬しかないそうです。
ヘルペスが皮膚科の管轄なので、
眼科では入院して点滴というのも、決断ができないそうです。

えいさんは、クーラーのある、近くに住むかあちゃんのところで
休ませてもらっています。
きょう皮膚科が休みで、すぐに入院・点滴とならなかったことにも、
もしかしたら、神さまのご配慮があるかもしれません。
いずれにせよ、えいさんの痛みが一刻も早くなくなるように、
神さまがえいさんの免疫力を強めてくださって、
いま活発に活動しているウィルスを
早くどこかへ追いやってくださるように、祈るばかりです。

さいわい、いまのところ、
目の中ではウィルスも悪さしていないようです。

励ましのコメントをくださったみなさん、ありがとうございます。
お返事できていませんが、
ありがたく、えいさんに申し伝えます。
またのちほどゆっくりお返事しますね。

わたしは、もともとなまけものなので、
えいさんがこんなふうになって、神さまからストップがかかって、
こんなときくらいしか、がんばることがないわ、と思ってます。
わたしまで倒れては元も子もないし、
得意のなまけぐせを発揮しつつ、
えいさんの助けになれることを喜びたいと思います。
なにもできないんですけどね。

来週の水曜日から、コパンが講師の賛美セミナーがあります。
わたしたちのままならない状況の中で、
神さまが、ほんとうにわたしたちに伝えたいメッセージを、
しっかり受け取ることができますように。

暑いです。
みなさんの健康も、主が守ってくださいますように。



a0028049_10475832.jpg先週、やっと梅干し干しました。
[PR]
by les-copain | 2006-08-18 10:48 | ■ケータイ写真館 | Comments(15)

お祈りください

えいさん、帯状疱疹ができてしまいました。
ヘルペスのウィルスは、だれでも、いつも体内にいるそうですが、
疲れたり、抵抗力が落ちたりすると、
ウィルスが神経を通って、皮膚に出てきます。
そのとき、ひどい痛みを伴います。
えいさんのヘルペスは、左おでこから左のうわまぶたにかけて。
頭痛と、水泡の痛みで苦しんでます。
目のあたりに出るのはまたタチが悪いそうで、
目の中にできると、視力にも影響するそうです。

お盆で、お医者さんがどこもしまっていて、
ぶつぶつができ始めてからしばらく経ってしまったのですが、
今朝ようやく皮膚科と眼科に行って来て、
安静にしているようにと言われたそうです。
いま、薬を飲んで、寝ています。
赤ちゃんなどにはうつることもあるそうなので、
来週の小さないのちを守る会のキャンプは、やむなく、えいさんはキャンセル、
わたしひとりで参加することになりました。

どうか、神さまがいやしてくださるように、
目の中にヘルペスができないように、
来週の賛美セミナーにまにあう力が与えられるように、
えいさんがふせっているあいだ、
わたしががんばれるように、
どうかお祈りください。

みなさんも、どうぞご自愛くださいませね。
[PR]
by les-copain | 2006-08-17 16:26 | ■ケータイ写真館 | Comments(8)