<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

後半戦!

きのうは家に一日いて、むかしのコンチネンタルズのビデオやダンスのDVDなどを見ながら、振り付けの大研究をしました。たたみ保護のためにひいてある御座を、かなり摩耗させてしまった......。これから、新しい曲とダンスを作っていきたいと思っているけれど、いやいや、前途多難です。しかし、この産みの苦しみを避けてはならない。


a0028049_1353464.jpgきのうお風呂が入って、今朝は台所の流し台一式が運び込まれました。若い大工さんがひとり、黙々と仕事しています。壁紙に流し台、お風呂の壁や床、湯船などの色選び、ふたりで、いともあっさりと決めてしまったのですが、さて、どうなりますやら。わたしはファッションやインテリアのセンスがないので、まずはとにかくシンプルを目指します。


a0028049_13543592.jpg岩槻をちょっとずつご紹介。人形の町らしく、駅前にはまだ人形店がいくつか残っています。わたしが小学生のころは、家が人形屋さんという同級生がたくさんいました。棒に刺してある人形の頭が、わらを束ねた土台の上で乾かされていたり、人形の着物の切れ端が段ボール箱に投げられていたり、そんな光景を町でよく見かけたものです。わたしは行事のための人形に関心はないけれど、古い文化が消えていくのを見ると、やっぱりさびしさと焦りを覚えます。
[PR]
by les-copain | 2005-09-30 13:55 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

傾向と対策

今月から始めたダンス、ゆうべ早くも、もうみんなはだいぶ進んでいる振り付けを覚えきれず、最後のほうは少しあきらめモードになってしまいました。わたしはなにかに挑戦するとき、たいてい最初は「この人はやれば伸びるよ〜」と言ってもらって、気をよくして始めてはみるものの、あっという間にかべにぶつかって、そこで「あ、もういいかな」とあきらめてしまう。恥ずかしながら、こんなことのくりかえしでした。「できない」って言いたくないけど、だからといって努力もしない、かなり中途半端な負けず嫌い。それにまわりはほとんど中高生。クラス前後の会話の中にもなかなか入れず、くじけそうになりました。たぶん彼らのおとうさんおかあさんとあまり変わらない年齢なんだろうからなあ。


a0028049_14312957.jpg帰り道、先日えいさんに、「わたしもヒップホップをかっこよく踊れるようになる」と言ったら、「しょうこちゃんは若い子にはできないことができるんだから、そのへんは謙遜になりなさいね」と言われたことを思い出しました。とりあえずしょうこちゃんのダンスを習う目的は、運動不足解消と楽しむためでしょう?と。そうか、謙遜ってそういうことか。わたしは思った以上に傲慢に生きてきたんだなあ......。もちろん志は高く、でもたとえダンスにも仲良くなるのにもみんなより時間はかかっても、大人は大人のスタンスで、その場にニコニコと居続けていれば、きっとそのうち一山乗り越えられるはず。ずっと習いたくて、やっと始められたダンス。気長にがんばってみようと思うにいたって、床につきました。

背後には、わたしの応援団が。


a0028049_14305327.jpgリフォーム、今朝はこんな感じです。トイレスペースの骨組みができて、中に座ってみたり。見たところはあまり変わりないようですが、きょうは電気屋さんが来ていて、裏側の大事な作業が進んでます。あしたはいよいよお風呂が入る模様。外にトイレを借りに行かないといけないので、ついついがまんの子であった。
[PR]
by les-copain | 2005-09-28 14:31 | ■ケータイ写真館 | Comments(12)

陶器師

a0028049_1145626.jpg友だちが「アパールーム」という毎日聖書を読むためのガイドブックをくれたので、9月から使っています。きょうの箇所は、エレミヤ書18章1-8節。神さまはほんとうにわたしのことを知ってるんだ! と、いまさらながら驚いてます。「陶器師は、粘土で製作中の器を自分の手でこわし、再びそれを陶器師自身の気に入ったほかの器に作り替えた。それから、わたしに次のような主のことばがあった。『イスラエルの家よ。この陶器師のように、わたしがあなたがたにすることができないだろうか。主の御告げ。見よ。粘土が陶器師の手の中にあるように、イスラエルの家よ、あなたがたも、わたしの手の中にある。』」  失敗のために自分が砕かれるとき、それは痛いですが、神さまはわたしたちが不完全で、失敗してしまったという理由で、神さまはわたしたちを決して捨てず、新しく作り替えてくださる。いまは苦しいけど、なんという希望でしょうか。

今朝はこんな感じ。柱が増えました。ガスの関係、水道の関係と、いろんな人が入れかわり立ちかわり。我が家の小さなおふろと台所が、たくさんの人の手にかかって、少しずつできあがっていきます。わたしの人生もそうなんですよねえ。


a0028049_1153662.jpgカーミットプレゼンツ「ある日のああちゃん弁当」。
[PR]
by les-copain | 2005-09-27 11:04 | ■ケータイ写真館 | Comments(4)

再会スペシャル

きのうは、岩槻から車で約30分、杉戸町というところにある倉松キリスト教会で、コパンのコンサートでした。コンチネンタルズの古い友だち、まーさん&ゆきちゃん一家が通う教会です。前回うかがったのがちょうど3年前。新しい赤ちゃんが加わって、小さかった子どもたちが、すっかりおませな女の子になっていました。こぢんまりしたアットホームな集まりで、午後はのんびりみなさんとお話ししながらお昼をいただきました。ひとりひとり自己紹介してくださって、小学2年生のはなちゃんからは、「音楽がきれいで、ねむくなっちゃいました」と、コパンには最高のほめことばをいただきましたよ〜。えいさんの指先はあいかわらず痛々しいのですが、なんとか演奏できました。

a0028049_11263342.jpgそのあとは、まーさん&ゆきちゃんちへお呼ばれ。こちらも3年ぶりの再会でした。ひんぱんに連絡をとりあうわけではないけれど、むかしから応援してくれて、ここぞというときに手を貸してくれるふたり。大人同士の話もさることながら、子どもたちとの遊びも、心血注いで楽しみました。アンパンチネンタルズ結成。


a0028049_1127555.jpgきっとたくさんの人が、台風がすぎるようにお祈りしていたと思いますが、祈りが聞かれましたね〜! 解体も支障なく終わったようでした。今朝来たら、こんな感じ。しばらくトイレを使えないので、近くのスーパーまで借りに行ってます。大工さん、だいじな商売道具一式、車上荒らしに遭って盗まれてしまったんだそうです。最近多いんですって。困りますね。

[PR]
by les-copain | 2005-09-26 11:28 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

いよいよあしたから

a0028049_11302267.jpgあしたはコパンのコンサートですが、とうちゃんに留守番してもらって、いよいよ新居の2階の一部の解体が始まります。きょうも、工事のために家の中を片づけますよ〜。完成予定は10月3日だから、約1週間、建築屋さんと大工さんと一緒です。もちろん仕事で来てくださるわけだけれど、なかよくなれたらいいなあ。賃貸物件にこれだけ手をかけるのだから、わたしたちももうよほどのことがないかぎり、ここを動かないでしょう。神さまがこの町を祝福してくださいますように。わたしたちに、そのお手伝いをさせてくださいますように。建築屋さんは、きのうきょうと、さいたま新都心であるイベントの中で、ビッグバンドのコンサートをしているそうです。あいにくの天気だけど、コパンも彼のコンサートも、工事も守られますように。

さいたま市、がんばってます。さすが〜なキャッチコピー。おお、そうだ! コパンは、今年のさいたま市民クリスマスの音楽ゲストとしてお招きいただいているんです。楽風のイベントといい、障害者センターでのコンサートといい、今年は地元での活動の機会がたくさんあって、とてもうれしい。これから、楽しいことをたくさん発信していきたいです!
[PR]
by les-copain | 2005-09-24 11:34 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

GMXブログ開設

a0028049_19464051.gifGMXのブログページを作りました。
右のリンクから飛べるのでクリックしてみてください。毎月GMXで発行しているニュースレターをアップしています。ニュースレターは、コパンやGMXの仕事を応援してくださっている方々への報告として作っているものです。印刷では白黒のイラストが、こちらではカラーで見れたりします。キチンとしたホームページを作るまでのツナギのつもりですが、ブログならではの活用法があれば、ずっと続けるかもしれません。とりあえずは月一回の更新ですが、他に項目ができたらまたお知らせします。

岩槻の「夏のおかえり音楽」は『うみ』でした。
前奏がついてたのにはオドロイた、えいじでした。
(ヘンな前奏だったから)
[PR]
by les-copain | 2005-09-23 19:47 | ■コパンの旅 | Comments(8)

すっかり日が短くなりましたねえ。岩槻の「おうちへお帰り」の音楽、いつのまにか秋仕様になって、「ふるさと」が6時に流れるようになりました。夏はなんだったっけ? もう忘れてしまった。それにしても、昼間の蒸し暑さ。

a0028049_19111629.jpg
きょうは祝日でしたね。わたしたちは、浦和の教会のティーンズバンド「フレンズ」の練習に行ってきました。もうクリスマスに発表するための準備です。コパンも始めなきゃなあ。えいさんが、プロフィール用の写真を新しくしようかと言っています。はんたいのさんせい。前回は5年前、前の家の近くの草むらで、コパンのベーシストだったくにちゃんに撮ってもらいました。今度はだれにお願いしようかな。お昼は、自分たちで焼く焼きそばと、ケンタッキーフライドチキン。KFCはめったに食べないので、おかわりしてしまいました。おいしかった〜。お昼のあとは、ちょこっとトランプ&人生ゲーム。

a0028049_19115917.jpg
こちらの教会では、拾われたた〜くさんの犬猫たちが、しあわせに暮らしています。怪我しているのを手厚く手当てしたり、毎日散歩させたり、狂犬病の注射を施したり.....。よろこんでつながれているのは、秋に拾われた「あきちゃん」。マーキング(なわばりのためにおしっこをかける行為)がひどいので、行動範囲を制限しているんだそうな。
[PR]
by les-copain | 2005-09-23 19:12 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

いろいろと考える

a0028049_11371346.jpgわたしの知るかぎりずっと、有刺鉄線で囲まれ、「無線」と呼ばれていた森は、つい最近「西町緑地」という公園になりました。ベンチではみんながよくお弁当を広げています。

月曜日の夜、ダンスに行きました。「全クラス無料体験できます」ということだったので、ジャズ中級2時間コースというのを試してみました。それでも結局、みっちり2時間45分。ストレッチとバーレッスンが前半の約1時間半。それから踊ります。ついていけるかどうか心配だったけど、なんとかできました。ヒップホップよりジャズのほうがわたしには向いていそうだとわかりましたが、ちょっと向いてないことをやってみたいお年頃。しばらくはヒップホップに続けて行ってみることにします。

中・高・大学生たちと一緒に踊りきって、気をよくして外に出てみると、自転車の前輪がパンクしていました。行きには空気パンパンで問題なく走ってきたのに.....。なにかが刺さったか、いたずらかわかりませんが、クラスの若者たちがさっと一緒に外に出て、教室の入り口まで自転車をかかえていってくれました。感動。一晩あずかってもらって、電車で帰りました。

きのうはフランス語の日。前の家からは歩いても行けたところに教室があるので、以前利用していた郵便局と(そこでしか扱えない口座があるので)、その近くの歯医者と、歩いてハシゴしました。最後の歯医者の予約まで時間が少しあったので、これまたなつかしい北浦和サティの本屋さんを物色していると、小学生の男の子たちが4〜5人、大声でさけびながら、猛スピードで店内を何周となくかけまわって、おにごっこをしています。大人たちは、みんな見て見ぬふり。店員さんがなにか言ってくれるかな、と思って見てみたら、彼らが走り抜けた後、「ご容赦ください」という意味なのか、通路に向かって深々と頭を下げています。わたしは、注意しようかどうか少し考えて、今度こっちに来たらひとこと言おうと決めました(向こうの方から、ばたばた走る音と大きな声があいかわらず聞こえています)。「柔らかな応答は憤りを鎮め、傷つける言葉は怒りをあおる」と聖書にあるのを思いながら、言わなくてもやめてくれることを祈りつつ。

追われる側の子たちがわたしの前にやってきたので、「お店の中でおにごっこするの、やめてもらえますか?」と言いました。ひとりの子が「やってませ〜ん」と言いながら、みんなで逃げて行きました。おにの子があとから来たので、「お店の中で走らないでもらえますか?」と言うと、その子は「だれ?」と聞いてきました。「お客さんです」と答えると、「なんだ、そんならいいや」と言って、また走って行きました。本屋側にはうるさいおばさんがいると思ったのかどうか、結局彼らは本屋と反対のほうで、まだしばらくオニごっこを続けていました。

わたしも、店の中で遊んだ記憶はありますし、走りたくなってしまう気持ちがわからなくはない。でも、あの場の状況に首をかしげずにはいられませんでした。わたしの心がせまいだけなんでしょうかねえ???

かさを持たずに出かけたので、雨模様になって、「しまった!」と思いましたが、100円がさは買いたくないんです〜!と心の中で叫んでいたら、そのとおりにしてもらえました。感謝。
[PR]
by les-copain | 2005-09-21 11:37 | ■ケータイ写真館 | Comments(4)

ビフォーアフターへの道

a0028049_1263863.jpgいよいよ今度の日曜日から、
新居の2階の解体が始まります。
わたしたちはコンサートなので、
とうちゃんが立ち会ってくれる予定。
床をはがして、壁をこわして、
中がどんなふうになっているかによっても、
進め方が変わってくるそうです。
知らないことがたくさんだ!

工事のために、片づけも少しずつ。
掃除夫、がんばってます。
[PR]
by les-copain | 2005-09-20 12:06 | ■ケータイ写真館 | Comments(2)

ホッチポッチ展

きのうは、えいさんと電車の旅でした。浦和チャペルで礼拝の後、わたしの高校時代、生徒たちの間で人気だった店に、初めて入ってみました。あんみつの店だとばかり思っていたら、ラーメンがあったので。よく雑誌にも取り上げられるような店で、さすがに日曜日の昼は満員。えいさんは冷やし中華、わたしは五目ラーメンを頼みました。カウンターに『いじわるばあさん』が積んであったので、読みながら待ちました。長谷川町子、天才。さてわたしのラーメンは、なかなかおいしかったのですが、えいさんの冷やし中華が??? 残念ながら、首をかしげてしまいました。かわいそうなえいさん。

a0028049_1164390.jpgそれから、先日このブログでもご紹介した『ホッチポッチ』展に行ってきました。お目当てのヨネちゃんとは、先月の賛美セミナーで出会いました。コパンのコンサートを聴いたあと、ある曲からインスピレーションを受けて、一気に絵を描き上げました。それが製本された形で作品となって、今回のグループ展に出品してあって、1冊わたしたちにプレゼントしてくれました。自分の結婚式の(まだ予定はないそう)引き出物にしたい!と大コーフンしていかれた、飛び込みのお客さんがいらっしゃったそうです。「コパンの曲を聴くと、絵がたくさん描ける」とヨネちゃん。最高のほめことばだなあ! ヨネちゃんは今度の3月に大学を卒業したら、絵の勉強を本格的に始めようと思っています。これからコパンともなにか一緒にできそうな、楽しい予感。

ほかの作家のみなさんも、手作りの布小物や、陶芸品、イラストレーションと、ジャンルの幅広いおもしろい顔合わせでした。会場となった銀座教会のギャラリースペースは、今回のグループ展の代表者の方が、3年も前に予約していたのだそうです。プランタンと同じ通りの、すばらしくいい場所ですから、人気も高いんでしょうねえ。待ちに待たれたホッチポッチでした。


a0028049_1161426.jpgそのあとは、歩行者天国の秋葉原へ。先日うかがった教会のPA設備を整えるお手伝いをするので、雑誌やインターネットで調べたものの実物を試しにいきました。最近ドラマ『電車男』を見ていたので、あのエキストラのひとりのような気分でした。

帰ったら、ああちゃんのごはんで、一日終わり。めいっこおいっこが帰ってしまったので、すっかり静かです。
[PR]
by les-copain | 2005-09-19 11:08 | ■ケータイ写真館 | Comments(4)