<   2005年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

コパンの音楽遍歴

えいさんの
「カエターノ・ヴェローゾ来日公演」レポート、到着です!
[PR]
by les-copain | 2005-05-31 11:27 | Comments(0)

カツ代

苦しんでます。フランス語の動詞の活用。時制が変わると、みんな活用する。それも例外だらけで、ひとつのパターンを覚えたらすむという代物ではない。みんなみんなぞろぞろ動き回る。もうじっとしててくれ〜!  でも、ぜんぶクラスでは習ったことで、いかにあたまに入っていなかったかがわかります。しょぼ〜ん。きょうを入れて、あと19日しかない。仕事もしながらだけど、とにかく死にものぐるいでがんばります。受かりたい!

きょうで5月も終わりですね。夏至ってたしか6月? それ以降は、もうどんどん日が短くなるんですよねえ。もうまたすぐ冬だよ...........。

a0028049_9542675.jpg気を取り直して、はりきっていきます。わたしの妹ゆうこちゃんちのきいちご。鳥たちはちゃ〜んと食べごろをわかっていて、あした収穫しようと思っていると、ちょうどそのタイミングで先を越されてしまうそうです。かえちゃんは、「いいよ、とりさんにあげれば。」と言うのに、アリがたかっているのは、「吹き払って!」とゆるせないらしいです。もうすぐ4才。
[PR]
by les-copain | 2005-05-31 09:55 | ■ケータイ写真館 | Comments(5)

スウィーツ!

a0028049_1042599.jpg土曜日のコパンのコンサートは、ゴスペルカフェ。教会の1階をすてきな喫茶スペースにして、手作りのケーキや飲み物でおもてなししながら、音楽を楽しんでいただくという趣向。お金をいただくなら、いいかげんなものはお出しできない!ということで習い始めたというしずかちゃんのケーキは、もうプロ級。ゲストは特別に、全種類いただきましたよ。あ〜、しゃ〜わせ〜。先月のしっぽ展に遠くから来てくださった方も、土曜日の会場は車で15分だったそうで、またかけつけてくださいました。会場からあたたかいまなざしがあると、ほんとうに励まされます。

きのうの朝は、かおるさんとかずえさんと一緒に、始めての試み。武蔵浦和駅のスターバックスでコーヒーを飲みながら、聖書のいちばんはじめ、創世記1章1節から13節を読みました。神さまがこの地をつくられたところです。考えれば考えるほど、大きな神さまがわからなくもなり、わからないことをいろいろ想像してみるのが楽しくもあり。恐れ多くて近寄りがたいけれど、でもそんな神さまが、わたしたちの髪の毛の数さえ知っておられて、わたしたちの心のいちばん真ん中に住みたいと言ってくださる。わたしたちを愛する子どもとして扱ってくださる。わたしが午後のコンサートに出かけるまでの短い時間でしたが、わたしたちの理解をはるかに超えた神さまの愛の深さに圧倒されてきました。次回はわたしのフランス語検定が終わってから。この会をこれからどんなふうに神さまが導いてくださるのか、とても楽しみです。


午後はおなじみの地元の教会でコンサート。いつも一緒にバンドの練習をしている小中高大学生たちが、最初の賛美とゲームコーナーを担当。なぜか「ねこのひとやすみ」と命名されたイベントでしたが、ゲームは激しくフルーツバスケット。大人たちから、もうそろそろ終わりでもいいんじゃない?という声があがっても司会者は耳をかさず、律儀にプログラムどおりの時間が来るまで、延々とゲームを続けました。そして最後にコパンタイム。気持ちよく夢の中をさまよう方あり、目をまっ赤にして泣いている方あり、心も体もひとやすみしていただけたようでした。


a0028049_105053.jpg工場が近くにあるということで、いつもおみやげにいただくゼリー。「みすず飴」系の固いゼリーは苦手だったのですが、これはほんとうにおいしいです! 本物の果汁をふんだんに使って、その果物の形にかわいく固められたゼリーは、わたしの常識をくつがえしました。量り売りなのか、箱いっぱい、色とりどりにちりばめられたゼリーを、種類別に分けて数えてみました。全14種類、「うめ」味がだんとつトップ。コンサートを手伝いに来てくれた甘党のしょうたろうくんにも、ポケットに入るだけおすそわけ。さいたま市の誇れる名菓です。あまあまウィークエンドでした。
[PR]
by les-copain | 2005-05-30 10:06 | ■ケータイ写真館 | Comments(2)

ちびっこぶし

a0028049_10205844.jpgゆりこさんのオリジナル童謡CD『ちびっこぶし』、完成間近です。凝り性(+仕事が遅い・・・えいじ談)で、かなり時間がかかってしまいましたが、きのうやっとマスタリングという最後の作業までこぎつけました。ミュージシャン仲間・ジョインの上野夫妻の自宅スタジオで、ご主人のゆうくんをエンジニアに、音のレベルの調整や、曲間の長さの決定・信号入れなどをしました。夫ふたりが作業中、わたしと奥さんのなおこ、娘のあおいちゃんは、おもちゃで遊んだり、世間話をしたり、お茶を入れたり。3月で1才になったあおいちゃんは、もう自由に歩き回っていて、大人のやることをなんでもマネして、ことばらしきものも発して、ひとつひとつ広がる世界を楽しんでいるようです。大人になったからって、なんでもできてあたりまえなわけじゃないよなあ。ってことをつい忘れて、できないことを嘆いてしまいますが、幼子のように、ひとつなにかをできたら喜ぼうと思いました。

夜から、15年来の友人、パクさんが合流。夕飯におすしを買ってくれて、彼の熱弁を聞きながらいただきました。えいさんたちも作業を一時中断。日本人のために全身全霊を尽くして仕えてくれている家族です。食べ終わって、また作業。やっと終わって、コーヒーを入れてもらって、またまた話して、お祈りして、さあ帰ろうと立ち上がって、またそこで出た話題で議論が白熱して........。家に帰り着いたのは夜中の1時半ごろでした。

きょうは夕方から、コパンのコンサートです。お祈りを、どうぞよろしくお願いします!
[PR]
by les-copain | 2005-05-28 10:20 | ■ケータイ写真館 | Comments(5)

いもむしごろごろ

a0028049_10144315.jpg忙しかったり、雨が降り出したりで、ついついさぼってしまっていたはるぼうの散歩、きのうはひさしぶりにかあちゃんも一緒にしました。出てみると、袋小路がなにやらにぎやか。子どもたち、お母さんたち、そして定年退職された元小学校の校長先生のご近所さんが、ふたつの水槽を囲んでいます。水槽をいっぱいに埋めているのは、山椒となにかみかん系の木の枝と葉っぱ。小学校1年生のたつきくんと校長先生が、どこからか大量にアゲハの幼虫をゲットしてきたようです。ふたりは仲良しで、いつも一緒に遊んでいるのを見かけます。図鑑も開いて、未来のファーブルかな。

写真を撮らせて、と言ったら、わざわざいちばん大きいのを手に乗せてくれました。実はわたし、いもむしも好きなんですよねえ。岩槻の実家の庭にも山椒の木があって、アゲハの幼虫がたくさんいました。台風のときには、ぜんぶ箱に避難させて、過ぎてからまた戻すなんてことをしていました。もしかしたら、自然淘汰のじゃまをしていたのかもしれないなあ。ちょうちょは好きじゃないので、大きくなったら、さよならです。でもあの子たちの親御さんなんだよなあ。

去年の夏は、ザリガニを釣ってみせてくれたたつきくん。おととし、かえちゃんをしばらくうちで預かったときは、とても仲良くしてくれました。おにいちゃんになりたくてなりたくて、かえちゃんに「だっこしてあげる」と迫るたびに断られてました。あとひと月もすれば、彼の念願かないます。
[PR]
by les-copain | 2005-05-27 10:16 | ■ケータイ写真館 | Comments(11)

仏検サンバ

a0028049_104221100.jpgきのうは一日中、家にいました。はるぼうの散歩には行こうと思いながら、これを終わらせてから、これを終わらせてから、とやっているうちに、「歌入れるよ」「ピアニカ入れるよ」とえいさんからお呼びがかかり、結局行きませんでした。ごめんよ、はるぼう。そして、なかなかフランス語にまで到達しません。ああ。でも、こんなことを言っていられるのも、ありがたいことです。

このところ、「夜12時には必ずふとんの中にいること」を決行しています。そして朝6時30分には窓を開けて、外の空気を入れる。わたしの好きなイラストレーターさんは、朝早く起きて、一気に仕事をかたづけるそうです。終わってもまだ日が高い。早く寝られるし、いちばん冴えているときに仕事ができる。これこれ、わたしもこれを目指します。それには、もう少し早く寝て、起きるようにしたい。夕方を気兼ねなく練習とフランス語にあてられたら、しあわせだなあ。

3児の母の友だちが、ブログを始めました。いまいちばん下の人も少し手が離れて、自分だけの時間を作る喜びを見いだしている彼女に、エールを送ります。わたしも、この日記を始めたのも、神さまがせっかくわたしにくださっている楽しみを、いっぱい味わおうと決めたから。もうすぐ1年になります。きのう、ひさしぶりに電話でななみさんとも話しました。みんなで励ましあって、いのちを楽しもうぞ。
[PR]
by les-copain | 2005-05-26 10:43 | ■ケータイ写真館 | Comments(2)

お茶の水アンプラグド

6月25日(土)午後7時から、お茶の水クリスチャンセンターの地下アイリーンホールにて、『お茶の水アンプラグド』というのがありまして、コパンほか2組がジョイントライブをします。チケットがありますので、ぜひお声をかけてください。1枚1000円です。


a0028049_1185532.jpgゆうべは、待ちに待ったコパンの大好きなミュージシャン、カエターノ・ヴェローゾの来日コンサートに行ってきました。東京国際フォーラムの2階席のほんと〜に後ろ。カエターノ、きっとマメつぶだ、こりゃ。それでも、歌いたい!と思って帰ってくることができて、ほんとうにわたしに必要なコンサートでした。

その『〜アンプラグド』では、ほかの2組のみなさんと、いわゆる対バンをはるわけですが、これがわたしにはプレッシャーでした。ギターと歌という、同じような編成のグループもあります。あと1ヶ月、練習しまくらなければ、とか、演奏する順番はどうなっているのか、とか、比べられることへの恐ればかりがわいてきて、胸に重い固まりができて、呼吸を苦しくさせました。でも、カエターノの歌と、そのバックバンドの、抑えの効いた真摯な演奏に、コパンはこれでいい、わたしはこれでいい、と思いました。カエターノは62才のおじさんです。若くて、技巧的にはもっと華やかなミュージシャンはたくさんいるけれど、ああ、歌うっていいな、この歌は彼そのものだな、と、素直に思わせてくれた。これがわたしです、歌うって楽しいです、と思えたら、神さまは喜んでくださる。それでよし。

それにしても、あんなにかっこいい人は老若男女さがしてみても、そうはいませんよ(と思ってます)。わたしも、あんなおじさんになりたいです。62才になっても、あんなふうに歌っていたい。だから、練習もいっぱいします。ええ。

詳しくはえいさんがレポートすると思うので、『コパンの音楽遍歴』をお楽しみに。わたしのほんとうのカエターノレポートは、これからのわたしの歌で聴いていただきたい。


a0028049_1112542.jpg庭に実るマメ。食べられませんけどね。
[PR]
by les-copain | 2005-05-25 11:14 | ■ケータイ写真館 | Comments(2)

メンテナンス

このブログのプロバイダー(っていうんでしょうか?)の「エキサイト」が、今朝はメンテナンスをしてくれていました。ときどき時間がかかるけど、このプロバイダーはなかなかよいみたいですよ。お世話になってます。

a0028049_1059822.jpgメンテナンスと言えば、わたし愛用の鍵盤ハーモニカ3本、これまであまりかまってあげていなかったのでした。ケンハモナイトに行ってから俄然吹き始めましたが、最近のピッチのひどさは、やはりずさんなメンテナンスにあったのではないかと反省、毎回の水抜きはもちろん確実に行い、とりあえず2台をメーカーに出しました。ひとつはチューニングと内部の掃除だけでOK、もうひとつはリードそのものの取り替えが必要とのこと。ええ、どうぞもう必要なことは全部お願いします、というわけで帰ってきました、ヤマハピアニカとスズキメロディオン。吹けばまあ、か〜んと空を突き抜けるピッチの良さ、響きの明るさよ。息も指運びも、なんとなく軽い。ああ、よかったね。これでコンサート中にギターのチューニングで何度もしーんとしなくてすむわ。耳も狂わなくてすむわ。もっともっと吹きたくなるわ。鍵盤ハーモニカ1本で、コンサートできるようになると、えいさんに宣言しましたから〜!  そのうち、もう1本もやってあげようと思います。

吹きたいし、歌いたいし、歩きたいし、フランス語もやりたい。仕事もたんまり。フランス語検定は6月19日。かなりあせってきましたよ〜。やっぱり1ヶ月じゃ無理だったかな〜?? でも申し込んじゃったんだから、もうもうやるしかないです。
[PR]
by les-copain | 2005-05-24 11:02 | ■ケータイ写真館 | Comments(2)

2 days in 鎌倉  その2

「あしたにつづく!」と書きましたが、月曜日のことでした。湘南モノレール、ほんとうは3両編成だそうです。おれの目は節穴だなあ。いやいやどうして、これが超満員、湘南町屋駅でどど〜っと人が降りるんですよ。自然も文化も豊かな鎌倉なのでした。


a0028049_11502857.jpg夕飯が終わって、女性陣は大船方面にあるスーパー銭湯へ。とってもきれいで、露天風呂も充実、寝ころび湯が最高だったなあ!末っ子ゆりかちゃんとなぞなぞなぞしながら、ふ〜、天国天国。上がったところで、セルフサービスのお茶やら水やらを飲んでひと息。そこに、足湯を発見。ここは入場券を渡す受付より外にあるから、食事と足湯だけなら、ただでもできるのではないか。本を持ってきて、足湯しながら読んだっていいじゃないの〜? と悪(くないか?)ヂエ合戦。ほんとにやるのは、ちと勇気がいりそうです。帰ったら、なぜぼくにも声をかけてくれなかったのか〜? とたっくん。


2日めの朝、子どもたちはみんな少しお疲れ気味で、ゆっくりスタート。わたしとさおりさんは少し早く起きて、家の真裏にある山の中のハイキングコースを散歩しました。神さまの造られたすばらしい森の中を、神さまの話をしながら、朝の空気をいっぱい吸い込んで、ああ、なんてぜいたく。帰ったらちょうどいいぐあいにおなかもすいて、朝食です。それからそれぞれ、食器洗いや洗濯物干しなど、与えられた仕事をします。わたしも、いざ、とっておいてもらったオーブンの大掃除。最後の寝坊さんも朝食がすんだので、全員そろって家庭礼拝。聖書を輪読して、お祈りします。午後はまたゆっくり話したり、ピーナツ人形を作ったり。


a0028049_1152420.jpg朝食が遅かったので、お昼はおなかのすいた人から、各自食べました。おもむろにラーメンを作り始めるたっくん。上から3番めのこのたっくん、最初の朝も、大勢集まったときのティータイムにも、みんなのためにコーヒーを入れてくれたり、わたしが帰る日の夕飯のデザートには、何時間もかけて(途中で材料が足りなくなって、何度も店に走ったりしながら)、見事なアップルパイを焼いてくれました。そういうところも含め、なんとなくえいさんにタイプが似ているねえと、さおりさんと言いました。リンゴを煮て、パイシートを丸や葉っぱの形に切って飾って、見よ、この見事な黄金色のアップルパイを(プライバシー保護のため、ボケボケにしましたから〜!)! しょうこちゃんにいちばん大きいのをあげてくれと言ってくれたのも、とてもうれしかったです。


ほんとうは2泊3日する予定でしたが、またしても直前で1泊に変更したので、2日目もその日のうちに帰りつけるぎりぎりまでおじゃましました。帰り、赤羽で埼京線に乗り換えるとき、寝ぼけてたのか、また新宿方面にひと駅もどってしまって、予定より30分くらい遅れて、わが家にたどりつきました。充実の2日間を、ありがとう〜! 

いちばん上の望くんと2番めのともかちゃんのバンド「トフォース」が、最近ノリにノッているようです。現在CDのレコーディング中。あちこちでコンサートもしています。HPはこちら
[PR]
by les-copain | 2005-05-23 11:53 | ■ケータイ写真館 | Comments(0)

2 days in 鎌倉 その1

a0028049_15553277.jpg以前、引っ越しの手伝いをしに行く予定だったのが、風邪をひいてキャンセルしてしまった、その友だち一家をやっと訪ねることができました。木曜日の朝6時20分に家を出発、新宿から湘南ライナーに乗って大船へ。そこから小さな2両編成の湘南モノレールに乗り換えて、着きました、湘南町屋駅。大きな森を切り開いた中にマンション群のひとつが、彼らの新しい住処です。

「ホームスクーリング」って、聞いたことがありますか? さまざまな理由から、子どもたちに、学校でではなく、家庭で教育をほどこすことを言います。このご家庭は、何年か前、お子さんの不登校をきっかけにホームスクーリングを始めて、いまでは4人のお子さん全員がホームスクーラー。日本ではまだまだ知られていないので多くの戦いもありますが、ネットワークの中で励まし合いながら、とてもよい成果をあげていて、保護者の方々も子どもたちも、のびのびと毎日を楽しんでいます。「しっぽ展」に来てくれたとき、今度遊びに行ったら一緒にピーナツ作ろうね、と子どもたちと約束していましたので、絵の具をかかえて行きました。到着して、みんなで朝ご飯をいただいたら、家庭礼拝。聖書を輪読して、意見や質問を発表しあって、お祈りして、一日が始まります。


a0028049_15545534.jpgお昼から2組の親子さんが合流。実は、ちゃんとしたホームスクーリングの活動の一環として、わたしは講師の堀井祥子先生とご紹介いただきました。そのうちのひと組のおかあさんはなんと、以前コンチネンタルズで、一緒に歌ったり踊ったりして旅をした仲間のフクちゃん。10年ぶりの再会でしたが、あいかわらずのんびりゆったり、いまでは3人の男の子のおかあさんを、楽しそうにやっています。つまようじを刺して下塗りニスをしておいたピーナツに、さっそく絵付け開始。顔を描いたり、洋服を着せたりしているうちに、どんどん人格が生まれてきて、ストーリーがわいてきます。おかあさんたちも熱が入ってきます。小さな子どもたちの集中力が切れたら、ときどき公園に遊びに行ったりしながらでしたが、肉などの発砲トレイに刺してディスプレイしたり、モビールにしたりして、ピーナツ作品を完成させました。帰るとき、みんな口々に「きょうは楽しかった〜!」と言ってくれました。わたしの遊びがみんなの役に立ったなら、よかった。これからもどんどん楽しい遊びネタを仕入れようと思いました。

友だちのご主人が、ホームスクーリングに関するホームページを開設していて、ピーナツ大会の様子が早くもレポートされています。そちらもぜひどうぞ。ホームエデュケーションサポート協会です。

あしたにつづく!
[PR]
by les-copain | 2005-05-21 15:26 | ■ケータイ写真館 | Comments(6)