たねまき



きのうは、子どもたちと3人で、

トラクト(福音をお伝えする小冊子)配布と
路傍伝道をされている教会のみなさんに混ぜていただき、

上野公園~秋葉原へ繰り出し、

簡易ステージで歌ったり、
チラシを配ったりしました。

トラクトを配る理由。

● イエスさまといっしょに十字架につけられた罪人のひとりは、これまでにも、なんらかの形で、イエスさまのことを耳にしていたはずだ。

だから、十字架上で、この人はほんとうに神の子だと悟ったのだ。

● 伝える人がいなくて、どうして聞くことができるのか、という聖書のみことば。

● どんな形ででも、一度でもイエスさまについて、見たり聞いたりしたことがあるなら、突然やってくる死の間際に、イエスさまを求めることができる。

● イエスさまのことを伝えるのは、イエスさまがよろこばれることだから。

最初は、ちらし配り大好きなかずおの熱意にほだされて、
ついていった感じでしたが、
かずおはもちろんですが、
わたしがかなりハマってしまいました。

伝え方はさまざま。
でも、「開・眼!」の一日でした。

これから、定期的に、
トラクト配布と路傍伝道に参加しようと思っています。

写真は、きのうとは関係ありませんが、
その、たくましさと弱さから教えられることの多い、
かずおくんです。




[PR]
by les-copain | 2017-09-19 08:17 | 聖書 | Comments(0)


<< 超リアルおままごと。 マスコミ >>