小さないのちを守る会・総会

a0028049_5365569.jpg
かずおくんが、なんだか朝から眠そうで、
いっしょうけんめい、ごみだしや、ニュースレターの発送作業を手伝ってくれたあと、
おんぶひもでおぶってちょうだい、と言いました。

お昼ごはんを準備するあいだ、
とうさんが2階に上がってくるまで、
しばらく、赤ちゃん気分。

たまにはね、赤ちゃんになりたいね。

なつかしいんだって。
寝た振りしています。


a0028049_5365681.jpg
小さないのちを守る会の総会に、
かあちゃんも連れて、みんなで出席しました。

本部が、ふたたび、名古屋から東京に移ったのです。

おそらく70代後半の辻岡健象牧師と奥さまの敏子さんが、
いまなお、熱い心を持って、小さないのちとおかあさんのために、
東奔西走しておられます。

神さまが、辻岡先生に直接、
「いちばん小さな者のために働くように」と語りかけられなかったら、
そして、先生が「はい」と答えられなかったら、
かずおくんにも、この子どもたちにも、会うことができなかったのです。

そして、わたしたちひとりひとりも、
両親たちの「はい」があったからこそ、いまここに存在するのです。

最近は、妊娠検査薬が進化したために、
早い段階で、妊娠がわかること、
そして、医師も、望まない妊娠なら、できるだけ早い中絶を勧めること。

最近は、相談者とのやりとりは、ほぼメールで、
慣れないおふたりが、いっしょうけんめいメールでお返事を書いていること。

電話での、声のやりとりなら、
話しているうちに、話すつもりもなかったことまで打ち明けられるほど、
心を開いてもらうことができたりもするけれど、
メールでは、最低限必要なことのみになってしまったり。

守る会の支部として機能する医療機関も、
沖縄と埼玉の支部をしておられた産婦人科の先生方が
それぞれ亡くなられてから、かずおくんが生まれた、
長崎のいその産婦人科だけになってしまっていること。
(ほかにも、いその産婦人科で生まれた子どもたちが来ていました!)

神さまが辻岡先生に与えられたスピリットを
受け継いでいく人たちが必要です。

わたしには、とてもあそこまでできないと思わず、
それこそ、小さなことから、なにかお手伝いができたら、と思います。

もっとも小さな者にしたのは、わたしにしたのです、と、
イエスさまがおっしゃったので、
わたしも、小さなイエスさまのために、なにかさせてください。

歌うこと、声に出すこと、
パンフレットを持ち歩くこと、

互いに親切にすること、なかよくすること、

赤ちゃんを迎えること、
赤ちゃんを産むおかあさんに、産むまでいられる、安全な場所を提供すること、

ひとりで子どもを育てているおかあさん(もしかしたらおとうさん)を助けること、
社会みんなで子どもを育てること、

辻岡夫妻のメール打ちを手伝うこと、
かばんもちをすること、

辻岡先生をお迎えして、いのちについて考える会を開くこと、
(きっとお人形の「ちいくん」も来てくれます)

きっときっとたくさんあるはずです。


これからは、そんなことも、もっとここで書いていこうと思います。

かずおくん、生まれてくれてありがとう。
おかあさん、かずおくんを産んでくれてありがとう。
[PR]
by les-copain | 2012-04-29 05:36 | 小さないのちを守る会 | Comments(0)


<< レイ・シドニー ゴスペルワーク... 同じ地球の上で >>