降ってきました

a0028049_712532.jpg浦和パルコのフロアに、
乗った人の動きを感知して動く、
サッカーボールの電光広告がありました。
キックすると、ボールがちゃんと蹴られて、
飛んでいく!


今朝、ふと頭の中に、
あるうたが降ってきました。

あれもあり、
これもあり、
たぶんあり、
きっとあり。

ほんとうの歌詞は、
「あり」のところが、「愛」です。


子は親の鏡。
わたしが怒れば、かずおくんも怒るし、
わたしがイライラすれば、かずおくんもイライラ。

かずおくんの言動を見て、
ああ、これはわたしだ~、と傷つくこと、多し。

そして、ふと思い出しました。
以前参加した、ミキのセミナーの中で聴いたこと。

「たましいは、美しいことばに響く。」

「もし子どもが、汚いことばで口答えをしたら、
そういうことばは、あなたのたましいを傷つけるから、やめましょうね、
と伝えるのです。」

わたしのことばは、わたし自身が聞いているので、
聞いた人はもちろん、わたし自身が傷つきます。

それから、できるだけいつも落ち着いて、
かずおくんと対話するように心がけるようになりました。

「かずおくんがそういうふうに言うと、
かずおくんが傷つくね。かわいそうだね。
かあさんも、そういう言い方はこれからやめるようにするね。」

そうしたら、おしゃべりなのは以前からなのですが、
現実・空想の入り混じった、ますます楽しい「おしゃべり力」が、
開花しているように感じています。
いやいや、しゃべること、しゃべること。

やっぱり、いままで、押さえつけられていた部分があったのだろうなあ。
ごめんね。
いま、わたしたちは、会話を心から楽しんでいます。

きょうがどうかは、もちろんわかりませんけれどね。
罪びとのわたしです。

きっとまた波があるでしょう。
わたしのイライラも復活するでしょう。
よく、つぎつぎと、いろいろ試しては、忘れてしまうものだ、
と、自分のことを思いますが、
神さまは、そんなわたしを愛してくださいます。

あれも、これも、きっとあり、です。

ハバナイスデイ!
[PR]
by les-copain | 2010-03-08 07:12 | 思い | Comments(2)
Commented at 2010-03-09 21:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おさむ at 2010-03-16 20:37 x
ご無沙汰していました。
元の歌詞の歌、松坂慶子の「愛の水中花」ですね。


<< あってもなくても 安いか高いか >>